WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2013年04月15日

中華の部

編集前記 BY ワダマサシ



今日はみんな大好きラーメンの話。
と言っても、私は毎日食べ歩くような知識豊富なラーメンマニアでも,、特別舌が肥えたグルメでもないので、まったく期待してはいけない。
どこにでもいるラーメン好きの主観と読み散らかしていただいた方がありがたい。

さてさて、なんでも全国のラーメン屋の総数は35000を越えると言う。
これは専門店の数であって、ラーメンが野菜炒めや炒飯などと同格のいわゆる中華料理屋は勘定に入れていないはず。にもかかわらず、この店数は結構すごいと思う。
日本中の駅の数が約9000だから、1駅に平均3.88店のラーメン屋が営業していることになる。
これに対し、書店の総数は約15000店、つまり1駅に1.66店。
どの街でも見かけるパチンコ店も約12000店に過ぎず、1駅に1.33店しかない。
余談中の余談だが、全国のCDショップの数は遂に700店を下回った。
つまり、CDを買おうと思ったら平均13の駅を探し回らなければならないと言うわけだ。
いったいどうすれば…。

さて、気を取り直して続けよう。
数では本屋もパチンコ屋も凌駕するラーメン店業界だが、新規開店も多いかわりに気がついたらあっと言う間に消える店もかなりあるように思う。
当たれば月商1000万も夢ではないと言う業態だけに、一発狙って参入する若者が日々凌ぎを削っているからに違いない。
そのせいか、新しく出来た店ほど目立たなければの思いが強く、どれも店名や看板のロゴに目いっぱい力が入っているように感じる。

力みは店名だけでなく、当然ラーメンそのものにも現れる。
素材にこだわり、レシピにこだわり、仕込みにこだわり、麺にこだわり、具材にこだわりを繰り返している内に、ハライチのお笑いのネタのように本来のラーメンからどんどん「関係なくなっちゃった」状態になっていると感じるのは私だけではないと思うのだが。
私はその力みが余計に感じ、最近のラーメン専門店がどうも苦手なのだ。
もちろん中には専門店ならではの完成度の高いお店もあるが、評判を聞き試してみるとまるで創作麺料理を食べているような気分にさせる店が多い。

日本人にとってラーメンはソウルフード。だから、革新的なアイデアなんかいらないんじゃないかしら。
それぞれが生まれ育った街で食べた、気取らない味に勝るものはないんだから。
私にとってのそれは、近所の「蕎麦屋の中華そば」だった。
今は閉店してしまったその店の品書きに「あたたかいお蕎麦」「冷たいお蕎麦」「丼もの」と並んでいた「中華の部」の中の“中華そば”が なんといってもナンバーワン。
蕎麦の修行をしたご主人の、ラーメンでもちょいと作ってみるかと言う力みのなさ、出汁と麺に関する基本の技術の確かさが生んだ忘れられない味。
ご馳走様と箸を置いた後に、残ったスープをもう一口だけもう一口だけとくり返し、結局底まで飲み干させる「後引き感」を、いまでも懐かしく思い出す。
そんなわけで、今でも蕎麦屋に入って「中華の部」の文字を発見すると、必ずと言っていいほどラーメンを注文してしまう。
中には外れもあるが、かなり高い確率で東京ラーメンの真髄のような力の抜けた名品に出会えると思う。

いまのお気に入りラーメンを出す近所の蕎麦屋を二店ほど紹介しておこう。
一店目は、西荻南にある“昌久”。
蕎麦も肴も間違いのない物を出すが、ここの中華そばが超絶品であることは、どのグルメサイトでもまだ紹介されていない。
もう一つは、上荻の八丁交差点に近い青梅街道沿いにある“桃蕎庵 こばやし”。
ここの蕎麦もなかなか素晴らしいが、やはり「中華の部」を是非トライしていただきたい。
何度食べても、私はこの二店のスープを飲み残して帰ることが出来ない。
以上は、あくまでも荻窪の蕎麦屋ラーメンをソウルフードとして育った私の個人的な感想なので、万人に共通する物ではないことをご承知おきの上、是非お試しいただきたい。

考えてみれば、音楽制作を本業とする私が文章を書いたりするのも「中華の部」のようなものだった。
そうと分かれば、もっとうんと力を抜いてみるか。


写真:上から「こばやし」のラーメン、「昌久」のチャーシューメン、こばやしのメニュー
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 22:04| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。