WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2012年08月18日

今日の日に居並ぶ“色”を見よ!

編集前記 BY ワダマサシ



それにしてもさぼりすぎだろ、いくらなんでもほどがあるぞ。
日々そう己を戒めてはいたのだが、天性の自分に甘い性格も手伝い、呆れるほど更新に長いブランクが空いてしまった。
不思議なもので、その間FaceBookでもTwitterでも怠惰な沈黙が私のデフォルトになってしまったようで、ROMとして皆様の書き込みを大いに楽しんではいたものの、自らは貝のように口を閉ざす毎日がダラダラと続いていた。
夜更しして五輪観戦でもしてたんじゃないの?と問われれば思い当たるフシがないでもないが、その気になればいくらでも時間はあった訳で…。
仕事が忙しかったなんて口が裂けても言えないし…、だから胸を張って報告出来るような理由は特にない。ないので言い訳もいたしません、いや出来ません。
唯一再確認出来たのは、ブログやSNSなどネットでの表現なんてものは所詮子供の頃の日記にも似て、極めて脆弱な自主性に支えられた危うい習慣であり、長いにせよ短いにせよ誰にだって波ってものがあると言うことだろうか。
おいおい、それって女々しい自己弁護じゃないの、って?
はい、その通りです。申し訳ございませんでした。
私の気紛れをものともせず、毎日ここを覗きにきてくれる数多くの気の長い奇特な皆様に対し、まずは心からお詫びを申し上げます。
ごめんなさい!
今後もこんな事がしょっちゅうあるかとは存知ますが、どうか暖かく見守って下さい。

さて、私が無為にダンマリを決め込んでいる間にも時は情け容赦なく過ぎ去り、気が付けば平成24年もあと3分の1を残すのみ。
それどころか、己の人生も残り3分の1を残すのみとなっているではないか!
お前は90歳まで生きるつもりなのかと、知る人からはいっそう激しい罵声が飛んできそうだが、驚いたことにそんな節目の誕生日を近々迎えようとしている私なのだ。
周囲はからかい半分でそれを酒の肴にしようと企んでいるようだが、そうはいかない。
本人の自覚なんて皆無、ましてや赤いちゃんちゃんこなど全くの他人事と笑い飛ばしてはいるものの、確かに事実は事実。
百歩譲って肉体は節目を迎えようが、精神は一線を越えてなるものかと今から身構えている。
幸いなことに、そんなに構えなくとも我が頭の中は未だに夢見がちなガキの頃と大して変わっちゃいない。
坂本龍馬が31歳(マジか!)で亡くなったにもかかわらず歴史に燦然とその名を残したことを思えば、国家の危急存亡に酔っ払って物陰から毒づくのみの我が精神年齢の白痴的未熟さに、情けなくて涙が出るほどだ。
一方身体の方はと言えば、ほんの5ミリ程の段差に蹴躓きよろけることはあるものの、今も続いているチャリンコ通勤の成果か、酷使し気遣いしない割にはすこぶる良好。
しかし、それは人間ドックなど病気を見つける努力そのものを怠っているせいかもしれないのだが。
それにしても、今まで大病一つ患ったことがない事は神様にお礼を言わなければ。

たった一点だけだが、年齢が原因かもしれないと自覚出来る“好ましい”感覚の変化に最近気がついた。
それは視覚の変調。
眼鏡なしに新聞が読めなくなって久しいのは言うまでもないが、いつからかそんな視力低下と引き換えに、鮮やかに・美しく・くっきりと・詳細に“色”が見えるようになっていたのだ。
かつて言葉の遊びだと思っていた「(青ではなく)“紺碧”の空に浮かぶ(白ではなく)“白磁”の夏雲」などの表現を、この眼でしっかりと感じられる気がするのはちょいと感動ものだ。
何でそんなことがこの鈍感な私に起きたのか?
多分それは、残された時間が少ないのだからボヤっと日々を見逃さずしっかり味わえと促す、生命からのスピリチュアルなアドバイスなのではないだろうか。
そう、老人たちが周囲を見回しゆっくりと穏やかな表情で散歩するのは、そんな理由からだったのだ。
以来無意識に空を見上げたり、路傍の草花に目をやったりしながら、その微妙な色を楽しむようになった私も、周囲から相当ジジ臭く見えているのだろうなあ。

昔から仕事のお付き合いのある著名な編曲家の新川博さんが先日病に倒れ、死線をさまよった挙句、幸いにもお元気に復帰された。
生きることの尊さを痛感されたであろう病後の新川さんがFaceBookでリンクしていたYouTubeのある映像が、私の視覚変調をも説明しているような気がしたのでここに紹介しておく。
「A GOOD DAY」と名付けられたこの映像は、日本の禅僧のもとで仏教を学んだと言うオーストリア人の心理学者・スピリチャル学者のDavid Steindl-Rastさんが、ギフトとして与えられた一日の過ごし方を、美しい映像をバックに優しさで満ちた口調で語っているもの。
あなたもきっと、漫然と消費する時間のもったいなさと、今日と言う日の大切さを感じることだろう。
サボり癖と夏バテに負けそうだった私に、なんとかこの原稿を書かせたくらいなのだから。



「A GOOD DAY」

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 00:30| Comment(1) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新ありがとうございます。色のニュアンスがわかるようになるのは、時間のつかいかたが変わるせいでもあるように思います。私はフランスに来て同じものがちがうように感じられるようになりました。そういうことが作品に生かせればいいですが、まだまだです。
Posted by AK at 2012年08月22日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。