WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年12月19日

「歌ってみた」と「歌わせてみた」

編集前記 BY ワダマサシ



ちょっと前まで、アマチュアが音楽を志すと言うことは、楽器を手に入れ仲間を募ってバンドを組むこととほぼイコールだった。
コンピュータのおかげでミュージシャンなしでも卓上で音楽が作れるようになり、そんなアマチュアの常識も少しずつ変わっていったのだろう。
デスクトップミュージック(DTM)の普及は、当然ながら機材やソフトウェアの価格をどんどん押し下げていった。
やがて、プロレベルに近いシステムが誰にでも手が届きそうな価格になり、音楽制作人口の裾野は大きく広がった。
友達がいなくても、お金持ちのスポンサーがいなくても、別に国家試験がある訳じゃなし、その気があれば誰でも音楽を作れるようになったのだ。
ヒップホップやダンスミュージックのエリアでは、その恩恵を受け早くから頭角を表すトラックメーカーと呼ばれる才能が続出した。
同じパターンがひたすら繰り返されるそれらのジャンルでは、専門的な音楽知識よりもセンスで勝負出来たのだろう。

2004年に、DTMの最後のピースだった「歌」が、ヤマハの開発したボーカロイド(VOCALOID)技術によって埋められ、ボーカリストがいなくても卓上で「ボーカルもの」の全てを組み上げられるようになる。
多くの余暇時間を一人自室のPCモニターと向き合い、生身の人間よりも2Dの世界を愛好する「オタク」と呼ばれる人種は、もともとDTMやボーカロイドにのめり込む資質を備えていたのだろう。
そんな人たちが音楽制作に参画するようになったのは、間違いなく大きな変化だったのだ。
それは、彼らが好む「アニメ」や「ゲーム」「アイドル」と言ったジャンルに限って、いまだにマーケットが賑わっていることと、決して無関係ではない。

リスナーのプロデューサー化を後押しするような別の出来事も、時を同じくして起こる。
大ヒットしたナムコのアイドルプロデュース体験ゲーム「アイドルマスター」がアーケードに設置開始されたのが2005年。
「会いに行けるアイドル」のコンセプトでAKB48プロジェクトが始まったのも、同じ2005年のことだった。
どちらも、ある種の若者達の熱狂的な支持を得て、ひとつのジャンルを形成するまでに成長した。
もしかしたら、受け手にプロデュースの余地を与えると言う考え方の始まりは、この年だったのかもしれない。

そんな二つの流れに後押しされるように、2007年に発売された「初音ミク」と言う音声キャラクターの大ヒットによって、ボーカロイド音楽は一気に広まっていった。
高速インターネットの普及により、孤独なアマチュアクリエーター同士が横に繋がることが容易になったことも追い風になった。
演奏データだけでなく、オーディオデータもスムーズに投げ合うことが可能なったのだから。
誰かが曲を作り、誰かが詞をつけ、誰かがそれに歌をダビングし(あるいはボーカロイドに歌わせ)、誰かが画像をつけPVをYouTubeやニコニコ動画にアップロードする。
かくして、新しい形のアマチュア音楽文化が知らぬまに地下で熟成していった訳だ。

“〜を歌ってみた”的なタイトルのビデオがYouTubeなどの動画サイトに溢れていることにお気づきだろうか?
YouTubeの検索窓に「歌ってみた」と入力してみれば一目瞭然。
アニメソングやゲームの挿入歌など、一般人が絶対に知らないであろうアマチュア制作のボーカル作品がずらっと並ぶ。
その中に、何十万、何百万と言う再生回数を記録する知られざるコンテンツが数多く存在していることにきっと驚かれるだろう。
同じように「歌わせてみた」を検索してみて欲しい。
初音ミクなどのボーカロイドに自分の好きな歌を歌わせたクリップが無数に上がってくるはずだ。

「歌ってみた」や「歌わせてみた」をキーワードとした、言わば「ネットサブカルチャー音楽」の隆盛の上昇曲線は、レコード業界の凋落の曲線とほぼリンクする。
レコード会社の心配をよそに、音楽は地下で十分に愛好され聴かれていたのだ。
プロが制作したメジャーコンテンツの失速分を、地下のマイナーなアマチュアコンテンツが穴埋めしていたとは!
リスナーが上流から与えられた音楽に素直に反応し満足する時代から、アマチュア同士が下流で熟成させて楽しみ合う時代への「革命」が静かに起きていると捉えるのは、少し穿った見方だろうか?

しかし、それらのアマチュア音楽文化は楽しむものであって「無償提供」が基本。
したがって、ビジネスとそりが悪いと言う側面を持つ。
新しいアーティストもそこからは生まれにくいし、結局は同好者同士の趣味の共食いに終わり、ネットの密室を飛び出して世の中全部を巻き込むようなヒットになるのは今のところ難しい気がする。
そんな中、メジャーがトライした“きゃりーぱみゅぱみゅ”はボーカロイド的なアプローチと奇抜なクリップを武器にネットで支持され、世界各国のダンスチャートを賑わせたが、アーティストとしてメインストリームになれるかどうかはまだ未知数だ。

それにしても、激しく変わりゆくマーケットの状況を踏まえた上で、これからの時代のユーザーにしっかりと訴求し、なおかつビジネスに成りうるコンテンツを作り出すのは至難の業に思えるが、その答えは意外に簡単なところにあるようにも思えるのだ。
「それは、何なんだよ?」って?
「さあね…」
危機感を叫ぶのが大好きなくせに、きっと私は心底楽天家なんだろうな。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 10:36| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。