WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年12月06日

「マーフィーの法則」の教訓

編集前記 BY ワダマサシ



マーフィーの法則――“悪くなる可能性のあることは、必ず悪い方になる。(Anything that can go wrong will go wrong.)”
言わば悲観論者の自虐的な経験則で、今から20年ほど前に日本でも同名の本が出版され一種のユーモア書籍としてベストセラーになったので、ご存知の方も多いだろう。
「車を洗うと必ず雨が降る」とか、「トーストを落とすと、必ずバターの付いている方が下になる。しかも高価なカーペットほどその被害を受けやすい」などが、その代表的な具体事例だ。

誰でも身の回りでマーフィーの法則を実体験していると思う。
楽観主義者を自認する私にとっても、「天気予報にしたがって自転車通勤を避けると、絶対に雨は降らないの法則」が今のところ鉄板で成立中。
他にも、「高い制作費をかけた曲ほど売れない」や、「オーディションで見逃したアーティストは、必ずビッグになる」などが、私のマーフィーの法則になってしまっている。
人間は学習するもので、この法則を逆手にとって「わざと悪い方を選択する」と言うやり方でマーフィー理論からなんとか逃れようと試みたりする。
巨人の熱狂的ファンだった私の父も、「応援すればするほど負ける」と言うマーフィーの法則を悟ったのか、強引に相手チームを応援すると言う「法則破りの奥義」を編み出していた。
しかし、その度に逆応援が功を奏して相手チームに凱歌が上がり、ここでもマーフィーの法則をさらに裏付ける結果になっていたっけ。

他にも、私の遭遇したマーフィーにはこんなのがある。
コンビニの法則(1)――財布の1円玉は、必ず支払い金額より1枚だけ少ない。
コンビニの法則(2)――空いてると思って並んだレジは、必ず宅急便の手続きをするヤツのせいでメチャ遅い。
携帯の法則(1)――重要な会話の最も重要なポイントで、必ず圏外になる。
携帯の法則(2)――着信に気づき出ると、必ずタッチの差で取れない。かけ直すと先方は必ず伝言入れてる最中で話中。これが交互に数回繰り返されることがある。
フォークダンスの法則(1)(別名:オクラホマミキサーの法則)――意中の人の一人手前で、チャンチャラララーラ、スッチャンチャンと曲が終わり、次に反対周りで再開。
フォークダンスの法則(2)――先生「女子の人数一人少ないからお前やってくれ」私「は、はい…」
サッカーの法則(1)――1点差で勝っている時のロスタイムは信じられないほど長い。1点差で負けてる時のロスタイムはほとんどない。
サッカーの法則(2)――ナイスシュートは必ずポストにはじかれる。相手のミスシュートはポストかDFに当たってゴールに吸い込まれる。
電気店の法則(1)――満を持して購入した直後に、新型が発表になり激しく値下がりする。
電気店の法則(2)――修理代は、必ず新品購入費よりも高い。
ユニクロの法則(1)――レアな柄のポロシャツほど、電車内で他人とかぶりやすい。
ユニクロの法則(2)――2枚買うとお得のセールで無理して買った物は、結局着ない。
料理の法則(1)――高い食材ほど調理を失敗しやすい。
料理の法則(2)――鰹節で丁寧に出汁をとったあと手際よくザルに取ると、肝心の出し汁は流しに、残ったのはザルの中のふやけた鰹節だけ。

こんな風にお笑いネタのような法則なのだが、中には真実であることが実証された事例もある。
なんと、最初に書いた「トーストを落とすと、必ずバターの付いている方が下になる」がそれ。
証明したのは、アストン大学のロバート・マシューズと言う暇な学者。
それを防ぐためには、3メートル以上のテーブルを使うべきだと彼は結論づけたとか。
バター面とそうでない面の空気抵抗のせいだろうか?
私としては、@トーストは落下開始の時、手に持たれているにしろ皿に置かれているにしろバター面が上である。Aテーブルの高さからそれを落とすと、空気抵抗を受けた落下中の回転により圧倒的にバター面が下になる確立が高い。ってのが理由じゃないかと思うんだけど。

他にもマーフィーの法則の研究者はいる。
スリーマイル島原子力発電所事故に触発された人間工学者リチャードW.ピューらは、人間が最悪の選択をする事態に対処すべく「マーフィー図(Murphy diagram)」なる理論(1981)を開発し、それは今や大小様々なプラント等の安全設計及び事故原因解析の代表的支援ツ−ルの1つになっているそうだ。

それにしても今回の福島原発の事故は、はからずも“悪くなる可能性のあることは、必ずいつか悪いことになる”と言う今法則を、悲劇的に実証することになってしまった。
「悪いことは避けようがないから、最悪を想定しろ」とも読み変えられるマーフィーの法則は、今我々に冗談ではすまされない重要な教訓を伝えているのかもしれない。

声を大にして言おう。
バター付きのパンさえ何度でも落としてしまう間抜けな人間が、不遜にも最悪を想定外と決めつけ、「未来にまで禍根を遺すような事態」を実際に引き起こしてしまった。
分かりきっていることじゃないか。
そんな施設など、もう金輪際持つべきではない!



この記事が気に入ったら下のFB,Tweet、Mixiボタンを! ↓
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:13| Comment(1) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラストの1センテンス、100%同意。
Posted by ぶる at 2011年12月06日 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。