WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年10月06日

ハングリーであれ、バカであれ

編集前記 BY ワダマサシ



米アップルの創業者、前CEOスティーブ・ジョブス氏が、今日(現地時間5日)56歳という若さで亡くなった。
奇しくも同社の新製品iPhone4Sの発表の日だった。
ジョブスの波乱に満ちた経歴や偉大な業績の詳細については報道やWikiに任せるが、身の回りのMac、iPhone、iPod、iPadなどのアップルの革新的な製品の数々を見るにつけ、彼が今のコンピューター社会の礎を築き、それを牽引してきたことを痛感せずにはいられない。

成功した多くの起業家の中でも、ジョブスほど頭の若さを失わなかった人物はいないと思う。
アップルの製品がいつも先入観を覆すような新鮮な驚きに満ちているのは、彼自身の柔軟でアーテスティックな考え方を常に反映しているからだろう。
直感や感性を重視するミュージシャンやデザイナーなどのアーティストがWindowsではなくMacを熱狂的に支持するのは当然のことなのだ。

「毎日を人生最後の日であるかのように生きろ。そうすれば必ずひとかどの人物になれる」
17歳の時に出会ったこの言葉に忠実に従って生きてきたジョブスが、末期と診断された膵臓癌を一旦克服した後の2005年に、スタンフォード大学の卒業生を前に行なった伝説のスピーチがある。
どんな解説よりも彼の偉大さを伝えるこのビデオは、一見の価値がある。
Stay Hungry, Stay Foolish 〜ハングリーであれ、バカであれ
スピーチを締めくくった彼のメッセージを心に刻みたい。




テキストでスピーチの内容を読みたい方は、
我ら、地域の仕掛け人に小野晃司氏の訳文が掲載されています。
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 10:55| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。