WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年09月29日

心優しき北の人々

編集前記 BY ワダマサシ


マーシーさん(中央座っている方)とその素敵な仲間たち


先週の水曜日つまりあの嵐の日、私は無謀にも日帰りの予定で札幌に出かけた。
仕事の相棒のN氏、著名プロデューサーO氏と同行したこの旅の目的はまた別の機会に。
それにしても天気予報を見てなかったのかよと責められそうだが、出発した早朝の東京は都合良くタカをくくってよさそうな穏やかな空だった。
「帰れなくなっても知らないわよ」
カミさんのそんな警告にも耳を貸さず、当然荷物の中に着替えなど一切無し。
それがまさか道玄坂の並木をなぎ倒すほどの大嵐になるとは。

念のため札幌に着いてすぐ、飛行機の運行状況をWebで確認すると、「天候調査中」とやや不穏な案内。
それでも「なんとか今日中には帰れるだろう」と楽観する私に対し、同行の二人はすでにまんざらでもない顔でそわそわ。
無邪気に嵐を期待するその子供のような瞳が、日帰りで立ち去るにはもったいなさすぎる北海道という土地の魅力を物語っていた。

仕事が首尾よく一段落した夕方になり、もう一度フライトを確認すると、不謹慎な旅人の祈りが通じたのか、帰京する便は全て「欠航」に変わっていた。
慌てて翌日の便を検索するも、すでに「全便満席」。
「困ったなあ…」と言ってはみたが、なぜか自然と私の口元も緩んでしまう。
宿も定めぬまま、さすらい人の心地よい開放感を味わいながら、腹をくくり夕暮れの札幌の街にふらふらと繰り出した。
しばらく出張から遠ざかっていた私にとって、こんな浮遊感は何年振りだったろう。
例えるならば、ケ・セラセラを口ずさむ糸の切れた風船の心境。

現地の方のお薦めにしたがい、まずは腹ごしらえに向かったのは、駅ビル内のカジュアルな寿司屋。
いやあ、旨かったのなんの、とても回転寿司とは思えないネタの新鮮さ!
しかも、東京と比べれば信じられないほどの安さ。
根室花まるJRタワーステラプレイス店。ここ、お薦めします。
そのカウンター席に、あらかじめ会おうと連絡しておいた私の音楽制作人生初の担当アーティスト、現在札幌在住の境長生氏に来て頂き、旅仲間と現地の人々をほったらかしにして、つかの間の旧交を温めさせてもらった。
彼のことは以前ここで書かせてもらったが、今でも音楽を作り続ける自然体の姿勢にこちらが刺激を頂戴している遠く離れた旧くからの戦友のようなものだ。
余談だが、境氏は自他共に認める大昔から岩崎宏美さんの熱狂的ファン。
ところがところが、そのあこがれの対象だった人と、夢かなって直接親交を深めていると言うことを初めて聞かされた。
相手が誰であれ、想いはいつか伝わるものなのだとあらためて感心。
私もさっそくアンジェリーナ・ジョリーにファンレターを出すことにしよう。
別れ際に、「札幌から帰る便が明日もないから、これから帯広に行こうと思うんだ…」と、同行者のつてを頼りに、地元の民に受け売りのヴィジョンを語る宿なしの私。
「帯広はやばいっしょ。台風あっちに向かってるってば」
「あ、そうなの」
帯広がどっちの方角でどれほど遠いのかも知らぬくせに、生返事を返し再会を誓って別れた。
この時の私の頭の中の帯広は、東京にとっての横浜みたいなイメージだったのだ。

暗くなった街に出ると、道行く人々はみんな晩秋と言うよりも東京の初冬の装い。
自分の夏姿が浅はかに思えるほどの寒気がいきなり襲いかかる。
仲間たちの待つホテルのロビーに震えながら駆けこんだ。
「さて、どうしようか」
「連中がこっちにもう向かってますから」余裕でタバコをくゆらせ、帯広からの救援隊の到着を予告するO氏。
「あっそう」その落ち着き払った頼もしい様子を見て、大船に乗るお調子者の私。
待つことものの数十分で、大型バンがホテルの玄関に横付けにされた。
はるばる帯広から迎えに来たのは、O氏のことを兄貴と慕うマーシーさんとその仲間の頼もしい若者。
なぜか二人は私の相棒のN氏とは、すでに顔見知りだった。

さて、降り出した雨の中を一路帯広へ。
乗ってすぐに寝込んでしまった私は、3時間近かったであろう移動時間を瞬間でワープしてしまったようだ。
用意されていた帯広駅前のホテルにチェックインをすますと、すぐに雨の帯広繁華街へと繰り出す。
マーシーさんとその弟分達にまるで国賓級の歓待を受け、気がつけば夜中の3時をとうに回っていた。
その間の細部の記憶はすっ飛んでいるのだが、彼らの心配りが異常に濃かったのは忘れられない。
そうそう、N氏が異常にモテていたのと、O氏が自作の名曲「ツブサニコイ」をカラオケで歌っていたことも、しっかり記憶に残っている。
なんとか千鳥足でホテルに戻り、熱い風呂に浸かって冷えた身体をほぐし、世にも幸せな気分で爆睡。

運よく台風もそれ雨も上がった翌日、マーシーさんがホテルに迎えによこした純白のレクサスに乗り、早めの昼食をとりに市内のジンギスカン食堂へ。
東京では絶対に食べられない全く臭みのないラム肉を腹一杯堪能。
そこで帯広発の当日夕刻の便が手配できたことを知り、感謝しつつも心の底でがっかりするわれら3人組。
フライトまでの寸暇を惜しみ、骨休めに十勝幕別温泉へと案内される。
道中の車窓から望む帯広の景色はあまりにも広大で、「オーストラリアの低い空を思い出す」とO氏がリリカルな感想を漏らす。
なるほど、大地が見渡す限り横に広がっているため、空を低く感じさせるのだと理解。
源泉かけ流しの名湯を心ゆくまで満喫した後、さらに空港にまで送っていただき、心優しい帯広の人々とやっとお別れをした。

調子に乗りすぎた私は、引き始めだった風邪をこじらせ、羽田空港に戻った時にはスリムクラブの真栄田の声になっていたが、これほど羽を伸ばしたのは本当に久しぶりのこと。
あんまり楽しすぎたもんで、文章まで子供の遠足の日記みたいになってしまったが、それにしても突然の来客をここまで歓待してくれる仲間を帯広に持っているO氏のことを心底羨ましく思えた旅だった。

あとで調べてみたら、札幌・帯広間は、東京から長野に匹敵する220km!
急に長野に訪れた知人を二つ返事で嵐の中車で迎えに行くなんて、東京だったら誰がしてくれるだろう?
私にはそんなこと到底真似が出来そうもない。
この場を借り、彼の地の心優しき人々に心から御礼を申し上げたい。




posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 14:20| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。