WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年09月19日

許されざる「つるみ」

編集前記 BY ワダマサシ



↑  ☆ をクリックすると大きく表示されるので、腹が立つけどしかと見てください。


一度手に入れた権益は、そうやすやすと競争相手に譲れるものではない。
なんとかそれを安定的なものにしてしまおうと、周囲と盤石な共生関係を築きライバルを排除しようと考えるのが人間。
取り込まれる方もメリットを享受出来るのであれば、それを拒む大人の理由はない。
ある権益を不滅のものにする「つるみ」は、遥か昔から行われてきた人間の生きる知恵の一種で、ある程度のレベルまでは避けようがないのだろう。
それは、どんな企業でも行う取引先の獲得を目的とした営業行為の延長線上のものだし、私も青臭い正義感を振りかざして全面否定するつもりなどない。

かつて、ラジオの深夜放送でのオンエアーがヒットへの重要な条件だった頃、私は駆け出しのレコード会社宣伝マンだった。
いまでこそ懐かしく思い出せるが、キューシート(番組構成表)に担当した曲名が書かれるかどうかで一喜一憂する胃が痛くなるような苦労の日々。
毎日夕方から放送局に夜食の差し入れをもって詰め、なんとか他社を出し抜いて番組の担当ディレクターやDJと特別な人間関係を築けないものかと画策したものだ。
しかし、制作スタッフとつるみたいとは思ったものの、番組全部を自社の曲で独占してしまおうなどと、不毛な妄想をしたことは一度もなかった。
音楽と言う商品の成否は、結局リスナーの選択にかかっており、力ずくで押し付ける類のものではない。
情報が偏向すれば番組そのものがつまらなくなり、結果商品が舞台を失うことを意味する。
私のミッションは、番組のバリューを考えながら、視聴者の耳元まで情報を良質に届けるために骨身を削ることだった。
だから、聴かれれば売れると信じられた楽曲(昔は敬意を込め“作品”と言った)に出会うと、自然と力が湧いたものだ。
その結果大ヒットが生まれたりすれば、そのプロモーション全体の輪の中に自分がいただけで誇らしかった。
やがて音楽を制作する立場になった時、“作品”をより精度の高いものにする為に、周りの優秀なコンポーザーやミュージシャン達とコンビネーションを強化する目的で徒党を組んだりもした。
そんな訳で、競争に勝利するための正当な「つるみ」には経験的に寛容な私も、絶対に許せないケースがここにある。

東京電力の原子力発電シンジケート。
一部の利権の亡者の為に多くの真面目な電気関係者が一連托生で加害者の誹りを受けてしまうのは本意ではないと申し添えた上で、ぜひこのチャートを見ていただきたい。
利益を供与し合っているメンバーの構成員を見る限り、原発事故あるいは原発に反対する勢力から企業を守ることが目的だったことがわかる。
つまり、これは明らかに一企業の利益を目的とした関係者間の悪質な「つるみ・癒着」で、それにより正当な競争が永久に排除され、結果消費者だけが不当に不利益どころか被爆の危険をも被っている。
それにしても、与党も野党も警察も放送局も記者も学者も、役人も文化人も実はみんなグル!
原発の安全をウォッチするはずの原子力安全・保安院なんざ、36名の東電OBの天下り組織にして、さらに家族を東電に就職させると言う盤石の共生関係。
賄賂、献金、接待、談合、密約、コネ、リーク、選挙協力、天下り、株持ち合い、汚職など、悪代官のボキャブラリーの全てがここにぎっしりと詰まっていて笑えるほどだ。
事故が起きなかったらこれほどまとめて衆目に触れることもなかったであろう、「つるみ」の構造。
実際に事故が起きてしまったいま、このシンジケート内部から発信される情報なんて誰が信じられるだろう?
電気という、消費者に選択の余地のない特殊な商品ゆえの利権の構造を、今後も認める気は私にはない。
出来るならば、いますぐこの文章をしたためているPCのコンセントを引き抜きたいくらいだ。
なのに、出来ない…。

怒りながらも電気を使い続ける自分はもとより、原発事故による被爆者・避難者たちさえ、これからも東電から電気を買わなければならないと言う大いなる皮肉。
やや強引に例えるならば、レバ刺しで死者を出した焼肉屋に被害者の遺族がやむを得ず常連客になっているようなもの。
事故を起こした加害企業が被害者にさえ排除されない業界構造なんて、やっぱりおかしい。

発電・売電を早期分離し、消費者に自由な選択の機会を与えよ!
仲間内の腹黒い利益供与の輪を糾弾し、被害者に償いを!
代替エネルギー開発分野で世界の先頭に立つべく、日本の英知を結集せよ!

ついでに…、
せめて音楽だけは妙な寡占状態にならぬよう、リスナーは流されずに自分の耳を持とう!





posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:31| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。