WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年09月09日

とっちらかる

編集前記 BY ワダマサシ



今日は、ほぼ自虐ネタだ。
たまには机の上を整理しようと、手始めにバラバラのメモを集めクリップで束にした。
今朝、データをクライアントに送る自宅での作業の途中のこと。
机の表面に隠れていた埃が顔を出したので、雑巾を取りに意味なくメモ束を手に台所に向かう。
途中、テーブルに置かれた封の開いたスナック菓子に目を奪われ、その場で口に一掴み放り込み、そのまま袋ごと部屋に持ち帰る。
席に戻り、雑巾とメモ束を忘れてきたことに気づき「おっと、いけねえ」と再び台所へ。
台所で何気なくメモを読み返すと、そこにはなんと忘れていた緊急の連絡事項が。
またまた「おっと、いけねえ」と携帯を求め慌てて部屋に戻る。
散らかった机のどこかに隠れているはずの携帯を探すうちに、手が滑って粉々の混じったスナックをキーボードの上にバサっとぶちまけ、PC作業が続行不可能に!
ああ、掃除を始めたつもりが、逆に最悪の事態発生。
「落ち着け、落ち着け。とにかく電話だ」二次災害、三次災害を避けようと、深呼吸を一回。
菓子カスまみれの携帯を見つけ出すも、今度はメモが見当たらず、どこに電話したらいいものやら皆目検討がつかない。
またまた「おっと、いけねえ」とメモを探しに台所に戻る。
そこで突然掃除のことを思い出し、メモ束には目もくれず雑巾を手に部屋に戻る。
よく考えたら、雑巾よりは掃除機だろが!
この間成果は一切無し、むしろ傷口が広がるばかり…。
「とっちらかる」ことで、そもそも仕事の効率を上げるためにスタートした机の掃除という行為が、目的を阻害するさらに大きな要因を作ることになるのだからあな恐ろしや。
こんなことなど日常茶飯事、私はとにかく呼吸の数ほど「おっと、いけねえ」を連発する「天下無敵のとっちらかり野郎」なのだ。
友人のスタジオでメールを整理している最中に、過ってこぼしてしまったコーヒーを拭くつもりが慌てて弁当を絨毯の上にぶちまけ、数週間してソファーの下から唐揚げが出てきたこともある。
これは今に始まったことではない、サッカーをやっていた高校時代、目的を見失いフリーの状態で自分自身にフェイントをかけてすっ転んだことだってあるんだから筋金入りさ。
まあ、ただのソコツ者と笑わば笑え。
慌て者の笑い話で済めばいいが、こんなことが国家規模で行われたとしたらシャレにならない。

さて、職を辞したばかりの菅元総理が原発事故についての秘められた真実を早くも前当事者として全国紙で語った。
実は危機的状況にいた国民の健康を犠牲にして、事故を過小評価して伝えた当時の責任者が、このタイミングで隠蔽していた真実の欠片を暴露すれば多少贖罪されると考えたのだろうか?
その記事を“へえ、そうだったんですか”と載せる新聞も新聞だ。
大本営発表の嘘戦況を疑いも持たずに掲載した戦中のマスコミと全く同じ、罪は大きい。

不幸にして災害が起きてしまった時、まず考えなければならないのは「国民の生命・健康・財産を守ること」と小学生でも答えるだろう。
国家や企業、政治家や役人の都合など、どうでもよかったのに、みんな見事にわいわいガヤガヤとっちらかってくれたものだ。
パニックを防ぐ必要はあったのだろうが、罪もない子供たちが受けた被爆被害はもう取り返しがつかない。

ここに来て大新聞が書き始めた、原発が“生産”する核廃棄物が「実は核兵器の原料」であり周辺国への核抑止力として有効なのだと言う原発推進の「秘められていた核心の中の核心」。
菅さんも、「核武装の潜在能力を維持するために原発は必要」って言っちゃったし。
そう言えば、原発推進国家と核単独保有国は、見事に一致してるもんなあ。
しかし、その気になればいつでも核兵器が作れる国の見せ看板として、国民全体に被害を及ぼしかねない危険を孕む原発を持っておこうと言うのは、いくらなんでもとっちらかり過ぎなんじゃないのか?
「隣家が日本刀持ってて危険だから、こっちも刀の原料の鉄球を役に立たないけど家族の頭上にぶら下げておこう」ってこと?
下手な例えで申し訳ない…今日の話、いささかとっちらかってしまったようだ。
さ、掃除掃除。


:
上杉隆「読売・朝日・菅直人への怒り」No1~No2
フリージャーナリスト上杉隆氏が、
原発水素爆発後に「東日本がつぶれる」と周辺に漏らして起きながら
適切な措置を怠った菅前総理に怒りの声を上げる。

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 18:42| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。