WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年08月05日

あるアーティストの死

編集前記 BY ワダマサシ



元サッカー日本代表DF松田直樹選手が亡くなった。
34歳と言う若さだった。
世界を見渡しても、「スポーツマン=粗野で無骨」と言う通常の概念を覆すようなチャーミングでスタイリッシュな色気を纏うプレーヤーはそういない。
古くは70年代のマンチェスター・ユナイテッドのFWジョージ・ベスト、80年代後半から90年代かけて輝きを放ったACミランのMFルート・フリット、ほぼ同時期にACミランで活躍したウインガーのジャン・ルイージ・レンティーニ、同時期にヴェルディ川崎で活躍し和製レンティーニと言われたMF石塚啓次。
フランス代表のエリック・カントナ、イングランド代表のポール・ガスコインは天才肌で十分やんちゃだったがスタイリッシュではなかった。
現役ではイタリア代表FWマリオ・バロテッリ、ブラジル代表FWのネイマールに似た雰囲気を感じる。
ポジションこそ違え、松田は私にとってそんなアーティスト的オーラを感じさせる愛すべき存在だった。

これらのプレーヤー達は、不思議にも問題児と言う共通の側面を持っている。
過度の飲酒で50代でこの世を去ったジョージ・ベストは現役の頃から二日酔いで練習をしょっちゅうさぼったし、ドレッドヘアーがトレードマークだったフリットは代表監督と起用法で対立しアメリカW杯のオランダ代表を自ら外れた。
レンティーニは交通事故を起こし選手としてのピーク期を棒に振ったし、石塚はオリンピック日本代表に選ばれながら結局合宿所に現れず、以後二度と代表に呼ばれることはなかった。
松田も99年のシドニー五輪予選で当時の監督トルシエと衝突し、遠征先から無断で帰国したというエピソードを持つ。
これらの逸話は、彼らだから許されると思えるし、私などむしろ剥き出しの人間臭さに拍手を送りたくなってしまう。
天才ゆえの危うさと破天荒で唯我独尊な振る舞いが引き起こす周りとの軋轢。
それでも実力で2度の五輪とW杯を経験した松田は、そんな反骨精神をプラスに転化出来た一握りの名プレイヤーだったのだと思う。

マリノスから戦力外を通告されJリーグの下部リーグ松本山雅FCで健気にプレーする姿は、その意味で私の世代の心もしっかり掴んでいたのだ。
彼のあまりにも若すぎる訃報に接し、過酷な神の所業に憤った家内は「なんで、松田なのよ。あんた代わってあげなさいよ」とのたまわった。
「代われるものなら、代わってやりたいよ」と言い返したくなるほど、彼の死は唐突で悲しい。

正しいと思うことは、自分でみつけろ。
反骨精神を認めさせるためには、努力を怠るな。
かっこよくなければ、なにごともやる意味がない。
彼が実際に言ったわけではないが、この三つを、美しい思い出を残したまま散った松田直樹という稀代の名ディフェンダーの短い一生から勝手に感じ取り、私の座右の銘にしかと書き加えよう。




マリノスサポーターに別れを告げる松田選手。
「マジ、サッカー好きなんすよ!」と叫ぶ言葉が胸に突き刺さる。


2011JFL前期第12節松本山雅FCvs町田ゼルビア(5/22)
“FW”松田の勇姿が!すでに松本のサポーターの心をガッチリと掴んでいたことがよく分かる。

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:36| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。