WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2012年12月17日

魔法の矢印を追いかけて

編集前記 BY ワダマサシ



久々に自転車の話だ。
久々なのは何も自転車の話に限らんだろうと突っ込みの声が聴こえるが、それはちょいと置いといて。
震災のあった昨年3月末から、都内の移動手段をほとんど自転車にしたのは以前にお話したが、あれからさらに不言実行を押し通し1年半が経った。
仕事場エリアの渋谷・新宿あたりはもちろん、最寄りのコンビニへの50mも、果ては埼玉県川口市への往復40kmの道のりだってペダルを漕いで行く。
さすがに雨の日と雪の日はその限りではないが、自分でもまあよく続いているものだと感心したりする。
近頃では、あたかもチャリが身体の一部のように感じられるまでになってきている。
何を大袈裟なと仰りたい気持ちはよく分かるが、実際チャリを降りて我が二本足で歩む時、そのあまりの遅さに驚き、脚に何か絡みついているような錯覚を覚えるほどなのだから。

最近そのチャリ道楽に、新たな楽しみが増えた。
長年使い続けたガラ携帯電話をiPhone5に変えたのだが、そのアプリに無料のナビゲーションソフトがあるのを知り、さっそくインストール。
ハンドルにiPhoneを据え付ける部材をサイクルショップで仕入れ、ナビ付きサイクリングを満喫している。
このアプリ「MapFan+」と言うものだが、普通の車載ナビとしても十分な機能があるのはもちろん、ありがたいことに自転車通行(徒歩)モードが付いているのだ。
従って、一方通行の逆走など、チャリならではのルートを案内してくれる。
その上、目的地の正確な方角を大きな矢印で画面に表示し続けてくれるので、推奨ルートを無視してただ矢印に従って走り続けるだけで、ほぼ最短距離をフリー走行することが可能!
ナビの示すルートはあくまでも幹線を基準にしているので、直線距離10キロの移動でも、実走行距離は13〜5キロになってしまうことがほとんど。
ところが、矢印を追いかけるフリー走行は、まるで鳥が空を飛ぶ気分と言うか、限りなく直線距離に近いので時間短縮になるのはもちろん、絶対に訪れる機会のないような縁の無い路地裏に私を導いてくれる。
通りがかった小さな商店街の外れに小粋な佇まいの銭湯などを見つけた時など、冷え切った身体を温めに立ち寄らずにはいられない。
そんな幸運に備え、バックパックにタオルと石鹸を忍ばせ都会をのんびり走るのは、単なる移動を小さな旅に変えてくれる魔法のようなものだ。
ただ一つ、やってみようかなと思われた方に申し上げておくが、ナビ使うとiPhoneの電池の消費は半端ないのでご承知おきを。
私はスペア充電器持参で臨んでおります。

これだけ毎日ペダルを漕ぎながらも私の体型が変わらないのは、ナビ頼りの小旅行の立ち寄り先が銭湯ばかりではなく、横丁の赤提灯だったり街角の中華料理屋だったりするせいなのは、自覚しているし大いに反省しているのだが…。

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:02| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。