WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2012年02月21日

フリー音楽時代の音楽ビジネス

編集前記 BY ワダマサシ


閑散としたCDショップ店内。

長いこと病床に臥せていらっしゃった私の仕事のパートナーのお父様が過日お亡くなりになり、その葬儀に参列させて頂いた。
わが相方は華やかな経歴を持つ音楽プロデューサーであり、多くの業界関係者が弔問に訪れていたが、その中には何年振りで見る懐かしい顔も。
これは故人に引き合わせて頂いた貴重な機会と感謝しつつ、式の合間に近況の情報を交換し合った。
皆が口を揃えて訴えるのが、そら恐ろしいほどのCDパッケージ市場の不振。
それどころか、配信マーケットさえも頭を打っているのでは?と言う見方さえあった。
やはり「音楽そのものを単体で売る」と言うビジネス・スキームは、やがて崩壊する運命なのだろうか。

まだ頑張って積極的に音楽制作に投資しているのはいったいどこなの?と、久しぶりに会ったベテランのインスペクター(通称:インペグ、ミュージシャンなどをコーディネートする職業)に尋ねると、即座にアニプレックス(ソニー系)、フライング・ドッグ(ビクター系)、ランティス(旧バンダイ系)などの名前が上がる。
いずれもアニメ・ゲーム・声優関連に特化したブランドであることが、現状を物語っていた。
つまり、ミュージシャンを雇うような高額予算の音楽を単体で企画し値札をつけポイとマーケットに投入する時代は終焉し、主題歌、劇中歌、サウンドトラック、ゲーム音楽など、企画の段階で明確な「用途が用意された音楽」しか、ビジネスとしてペイしない事がはっきりしてしまったのだろう。
映像コンテンツに挿入するなどの主たる目的を立派に果たした後に、「音楽単体の売上も多少付加される」ぐらいにどっしりと構えられなければ、とても投資できないってとこか。
これは、音楽そのものを売りたいレーベルサイドが著名アーティストの曲をドラマ主題歌やCMソングに押し込む、ちょっと前までの「タイアップ戦略」とは似て非なるもの。
今や、アニメやゲームの「タイトル」こそがファンドを含めたビジネスの「メイン」で、その中で誰がどんな曲を歌うかは、それがたとえL'Arc〜en〜Cielであったとしても、それ自体では大したビジネスにならない「サブ」情報に追いやられてしまったのだから。

たしかに、貸レもある、YouTubeもある、自宅でCDも焼けると言う時代に、聴いてもらう以外に使用目的を持たない音楽に闇雲に投資し、一か八かでハイリターンを期待することのほうが無謀なのは明白なこと。
逆に考えれば、いま混乱の中から生まれつつある新しい音楽業界のスキームの中で、新たなアーティストを成功させるには、「CD以外」にビジネスとして明確に成立させられる場所・手段を持つしか手がないと言うわけだ。
従って、これからのアーティストに求められるのは、収益を支えるグッズ物販の主戦場となるコンサート会場やそのチケットを優先的に販売するファンクラブ組織にリスナーを呼び込めるハイレベルな「パフォーマンス」であり、音楽以外にCMや映画などのエリアでも存在しうる「マルチな才能」なのだろう。
そのいずれもが、かつて音楽ビジネスの中心に君臨した「レーベル」のマターではないところが、この激変期の動揺の核心なのだ。

ジャニーズ関連のアーティスト、EXILE、浜崎あゆみなど、現在ビジネスで大きく成功しているひとにぎりのプロジェクトのどれもが、収入の多くを音楽そのもの以外に委ねている。
ミリオン連発のAKB48は唯一例外の様に見えるが、「CDを割り切ってグッズ化」することでこの変革期に対応しているだけ。
誰が見ても握手会参加券付きCDではなく、CD付きの握手会参加券の販売に外ならない。
いずれにしても、これらのアーティストが莫大な人数のオーディエンスを動員出来ることがビジネスの全てを支えていることに変わりはない。

しかし、音楽が単体のビジネスとして完全に成立しなくなった近未来においても、間違いなく新しい音楽は制作されるだろう。
その時、それは肖像やプロフィールと同じように名刺替わりに「フリー」で流通し、アーティストを周知させ、ファンを作り、コンサート会場へと導く役目を果たすはずだ。
つまり「集金」のスキームと場所が変わっただけで、音楽制作者のすべきことは何も変わってはいない。
ひたすらリスナーに受け入れてもらえるコンテンツを企画し、それを美しく魅力的に記録することのみ!
そう信じて前に進まなければ、何も生まれない。
「フリー」になったとしても、音楽そのものが手抜きで陳腐化すれば文化が滅びてしまう!と、せめて使命感を持って事に当たらねば…。




30年以上も前から今日を先見していたかのような、
グレートフル・デッドの「フリー」マーケティング戦略。
業界で話題沸騰。
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:54| Comment(1) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

花粉症より怖いもの

編集前記 BY ワダマサシ



まいったな…、例年よりずっと早く始まっちまった。
周りが騒ぎ出してしばらくしてから発症するのがいつものパターンだったのに。
先週末から突然、鼻の奥がムズムズ、くしゃみ連発。
昨日の夜には、サラっとした鼻水が自動的にタラタラと滴るようになってしまった。
今シーズンの花粉症自覚は、井の頭線渋谷駅の改札を出た途端だった。
コンコースの人ごみの中で突如鼻の奥にツーンと言う刺激を感じ、同時に目からジワッと涙が…。
思わずウワっと声を出し拳で瞳をぬぐったが、傍から見れば情緒不安定の泣き虫おやじ。
チャリで東京中を走り回っていても何事もなかったのに、たった一日電車に乗っただけで、私のデリケートな花粉溜めが決壊してしまったようだ。
人々の衣服に付着している花粉が集積され、駅の構内や電車内に堆積しているのだろう。
これが一旦始まると、もうどうにもならない。
まぶたが腫れて鼻はガビガビ、ルックス的にも3割ほど精彩を欠いた感じになり、さらに微妙に倦怠感を覚え仕事にも支障をきたしてしまう。
これから桜が咲く頃まで、憂鬱な日々が続くのか…。

今年の花粉は予報によれば少ないらしいが、やはり放射性セシウムが付着している模様。
林野庁の調査によれば、福島県浪江町の杉の雄花から1kgあたり25万3000ベクレルが検出されたと言う。
この花粉が最高濃度に大気中に浮遊している時に、24時間花粉シーズンの4ヶ月間吸い続けると、累計0.553マイクロシーベルトになるらしい。
林野庁によれば、「人体への影響は極めて低い」と言うレベルだそうだが、そう言われると逆にホントかよ?って疑いたくなってしまう。
今まで全部そのセリフで誤魔化されてきたわけだから。
少なくとも花粉症にかかったと言うことは、花粉が少量でも体内に付着侵入したことの証であり、その花粉にセシウムがもし付着していたら?と考えないほうがおかしい。
さっきも言ったように、花粉は衣服に付いて人ごみの閉ざされた空間に堆積する。
空気中に漂う濃度を平均的にとらえれば安全な数値かもしれないが、もしかしたら都会の人ごみに汚染花粉のホットスポットが出来つつあるんじゃないだろか?と、私の正確な鼻ガイガーカウンターが警告している。
むしろ、花粉症の人なら避けようがあるが、花粉に鈍感な人は吸い放題の恐れが…。

それにしても、大気、雨、花粉、チリ、ホコリ、水、農産物、魚、肉などなど、身の回りのあまたの物を端から疑ってかからなければいけなくなった落とし前は、誰がどうつけてくれるんだろう?
3.11が接近し、メディア、特にテレビ各社は、震災一年目の総括的特番を競って企画しているらしい。
現地に赴いたそれらの番組の制作スタッフが、各被災地でテーマごとに「出来るだけ悲惨な事例」を探し廻っていると聞いた。
番組のネタとして成立しやすいと言う理由は理解出来ないではないが、震災の悲劇さえも視聴率競争の一つのお題目になってしまうことを苦々しく思うのは、私だけではないはずだ。
ショッキングな映像やセンセーショナルな話題はもうたくさん。
大切なのは、言うまでもなく速やかな被災者の救済・地域の復興であり、ポスト原発のエネルギー政策であり、二度と悲劇を繰り返さないための防災計画だと思う。
すべての項目において責任の所在に言及し、未来に希望を持てるような、勇気ある報道を期待したい。

政府もメデイアも企業も、政局だの視聴率だの業績だの、目先のミクロなミッションに振り回されずに、もっと先を見据えて構えられないものだろうか。
そんなものが、子供たちの「命」や「健康」や「平穏な生活」と天秤にかけられていいはずがない。
あと十数年先、放出された「目に見えぬ毒」が実際に人体に影響を及ぼすような事が不幸にして起こり始めた時に、「原発事故との確たる因果関係は直ちには証明出来ない。(誰かがいかにも言いそうな台詞)」などと言う子供みたいな逃げ口上がまかり通らない世の中にしなければ。
ばら撒かれたのが杉花粉なら「余剰杉林を根絶せよ!」などと大騒ぎしないでおくが、アレはいけません、アレは。
責任者呼んで来い!



林野庁のスギ雄花に含まれる放射性セシウムの濃度の調査結果(プレスリリース)
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 14:06| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。