WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2012年01月16日

路傍の手袋

編集前記 BY ワダマサシ



路傍にポツリと放置された片っぽだけの手袋。
一人ぼっちで誰かに“おーい”と助けを呼んでいるようじゃないか。
この手袋が生き別れになってしまった相方に再び巡り会える確率って、いったいどれほどなのかな?
おそらくゼロに近いかも…なんて余計なことまで考えて、悲しい気持ちになってしまう。
それにしても、こんな光景をこの冬何度見たことだろう。
去年よりも手袋の落し物が劇的に増えたはずはないのに、何倍も多いと感じてしまうのは私の心とそれに伴う俯きがちな視線のせい?
そこでハタと気がついた。
こんな風にセンチメンタルなセンサーの感度がよくなってしまったのは、きっとあの震災のせいなのだ。
誰もが当たり前のようにささやかな幸福をそれなりに享受していた去年の冬、道に落ちた手袋などが感傷的に視界に入り込む隙などなかった。
きっと震災の記憶が、東京に住む私の物の見方まで変えてしまったのだろう。
言わんや、被災地の方々におかれては、変化はその比ではないと思う。

復興の途上にある被災地を除けば、全て元に戻ったかのように見える日本。
でもやはりあの日から、日本は、そして日本人は、いろんな面で変わっていたんだ。
友人の作詞家は、震災直後に被災地にボランティアで入ったっきり、いまだに東京に戻ろうとしない。
フェイスブックのウォールに、何もしてくれない政府を糾弾し、復興支援や反原発を呼びかけるフィードが舞い込まない日はない。
私自身、署名だろうが義援金だろうが、今まで考えられないほど抵抗なく反応出来るようになった。
気が付けば、電車に乗っても、街を歩いていても、見知らぬ他人の温もりを近くに感じるようになっていた。

自然環境と言う面では、以前と比較にならないほど、どころかもう取り返しがつかないほど悪くなってしまった。
そして、その責任を決して取ろうとしない、政府、役所、電力会社などのどうしようもない体制。
でも、それを少しでも補うために、そんなことに絶対に負けないために、人々は「良く」変化し、連帯を始めたのかもしれない。
願わくば、日本にも小さなジャスミン革命が起きますように。



FRYING DUTCHMAN - humanERROR
http://fryingdutchman.jp/parade
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 12:25| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

恵方巻に習え!

編集前記 BY ワダマサシ



通り道のセブンイレブンの店頭に「昨年度販売520万本」のおめでたいポスターが。
なんのこっちゃとよく見てみれば、ある方角を向き節分の夜に無言で丸かじりすると願い事が叶うとされる例の“恵方巻(えほうまき)”の予約告知だった。
セブンイレブンだけでそんなに売れるんなら、ファミマやローソンやミニストップ、サークルKやデイリーヤマザキや全国各スーパーや寿司屋店頭など全部足せば、もしかしたら今年の売上は5000万本ぐらい軽くいっちゃうんじゃないかしら。
一本380円として、…なんと190億円!
これはもうクリスマスのケーキ、正月のお節、バレンタインのチョコに並ぶ立派な冬枯れ対策の季節物キャンペーン商品と言えるじゃないか。
それにしても、気が付けば5000万もの人たちが予約をしてまでありがたがらねばならぬことになっていた恵方巻って、いったいなんなんだよ?
少なくとも私は一回も恵方巻を食べたことがないし、その存在を知ってから10年も経っていないと思う。
関東人の私のあずかり知らぬ霊験あらたかな根拠があるのかとさっそくググってみて驚いた。

まさか…!
関西の旦那衆が遊女に寿司の太巻をくわえさせて面白がったのが始まりの商業的催事?!
花柳界の下卑た戯れが、なんで庶民の願掛け習慣にすりかわってしまったんだ?
驚いたことに、戯れ事の発祥から遥か時を経て、戦前より土用の丑の日に需要のピークを作り上げていた鰻業界に対抗し、1955年に海苔の販促手段としてどこぞの商才のある商人が寿司業界と結託してブラッシュアップした作りごとが、縁起のいい方角を向き丸かじりすると言う“恵方巻”のもっともらしい作法だったと言うわけらしい。
ただの販促キャンペーンを歴史と伝統の宗教的催事風味にまで高めるとは、大阪商人はなんと逞しい!

なんでも、2012年の恵方(縁起のいい方角)は「北北西やや右」。
食べ方の約束事は「途中でやめずに一気に食べる!食べている間は終始無言で!黙々と!」だそうだ。
誰がその方角決めたんだよ!しかも「やや右」ってなんだよ!?
まったく笑えるぐらいウソ臭いが、信じる者は救われるのだろう。

新しいニーズを創出したいと考える不況の業界は、恵方巻の世の中の巻き込み方を参考に販促プランを考えるべきなのかもしれない。
「満月の夜に新品のCDを三枚買い、月光の窓辺にジャケットを飾り休まずに一気に聴くと恋が叶う。しかし決してコピーしてはならない!」とかさ。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 14:03| Comment(1) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。