WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年11月29日

豆腐とレコード

編集前記 BY ワダマサシ



亡くなった我が愛犬の主食は、お湯でふやかしたドッグフードと炒って水分を抜いた「おから」を混ぜたものだった。
それに湯掻いた鳥肉を刻んでトッピングしてやると、喜んで残さずにペロリと平らげたっけ。
念のため「おから」とは、豆腐を製造する過程で出来る豆乳の絞りカスのこと。
別名「卯の花」とも呼ばれ、かつてはどこの豆腐屋の店先にも袋詰めにされ置いてあった。
ひじきや糸こんにゃくなどと甘辛く煮付けると、素朴な味の副菜になる。

近年めっきり食卓に登場しなくなり、一種の産業廃棄物のような立場になってしまったが、実はローカロリーで食物繊維の豊富な良質の食材なのだ。
その「おから」を愛犬のために大量に調達してくるのは、ずっと私の係りだった。
昔は歩いて数分のところにあった豆腐屋で簡単に手に入ったのだが、そこが十年ほど前に店仕舞いしたのを皮切りに近隣の同業者がバタバタと廃業し、愛犬が晩年を迎える頃には、わざわざ車で遠方に買出しに行ったものだ。

震災以降チャリで東京中を走り回るようになり、通りがかる商店街で昔ながらの豆腐店を見つけると、つい愛犬のことを思い出し、用も無いのにスピードを緩めてしまう。
そんな時、垣間見た店内で働いていらっしゃるのは、決まってご老人。
ここもそろそろ廃業なのだろうかと、なんだか二重に寂しい気持ちになってしまう。
むかし街中で小規模に製造販売され空の鍋を持参して買いに行った豆腐も、いまでは工場生産のパック入りの品をスーパーの店先で買うものに変わってしまった。
残念だが、そんな旧き良き文化も、継ぐ者がいなければ時代の趨勢に抗いようもないのだろう。
同様に、街中でめっきり目立たなくなっている商売が「レコード店」(敢えて古臭い言い方をしてしまって申し訳ない)。
レンタル店、大手チェーン店に押され、音楽パッケージ販売を営む数少ない店舗に客の影はまばらだ。

愛犬の思い出から「豆腐店」そして「レコード店」へと、錯乱したかのような話題の展開に困惑されているかもしれないが、実はこの二つの業界の規模は、かつてほぼ同じと言われていたのだ。
流通形態こそ変わったが、揺るぎようのない日本の食文化である「豆腐」(油揚げ、厚揚げなど関連商品含む)の年間消費量は、家計調査によれば1世帯あたり約1万円。
5110万と言われる世帯数を掛けて、年間5000億〜6000億の売上をほぼずっと維持している。
「レコード(音楽CD)」は2001年の年間総売り上げこそ5030億とほぼ「豆腐業界」と並んでいたものの、昨年の実績でついに2250億まで落ち込んでしまった。
配信売上860億を足しても3000億強。
豆腐業界の半分と言うのが、現在の「レコード産業」の規模の実態となってしまったわけだ。

さらに、ここにきて気になるニュースが入ってきた。
WEB音楽誌SIDE-LINE music magazineによれば、主要なメジャーレーベルは2012年、つまり来年末までにCDフォーマットによるリリースを放棄し、DLとストリーミングによる配信に方向を転換するというのだ。
CDをリリースするのは一部の限定盤のみの最小限に抑え、ストックに係るコストを軽減する為だと言う。
時期など細かい点の信ぴょう性はともかく、各社がその方向で動いていることは間違いない。
遅かれ早かれそうなった時、レコード店は街角から完全に姿を消し、パッケージの流通はAmazonなどに任せることになるのだろう。
DLによる売上も伸び悩んでいる昨今、豆腐業界のように消費規模だけでも維持していけるか?
まさに音楽業界は正念場を迎えたようだ。

音楽も食と同じ重要な文化であり、未来永劫不滅であることを信じたいが、次の仕組みへ移り変わるこの大変革期を、アーティストたちがどう乗り越えていくのかをしっかりと見守りたい。


posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 11:55| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

サドルの上の視点・その後

編集前記 BY ワダマサシ



クロスバイクを購入したのは、たしか震災直後の3月末頃だった。
あの時非常時の交通手段の必要を感じていたことは確かだが、友人たちとひやかしのつもりで入ったサイクルショップで出会ったビアンキに一目惚れし衝動買いをしてしまったと言った方が実は正しい。
家族からは、どうせ真夏になれば音を上げて放り出すに違いないとタカをくくられていたが、どうしてどうして、あれからもう8ヶ月になるが、暑い日も寒い日も大雨でない限り都内は全て自転車で動いている。
自宅のある杉並から渋谷が主な移動コースだが、都内の細かい動きも含めると平均毎日30キロ、月に最低20日は乗っているとして、ざっと4800キロほどペダルを漕いだことになる。
考えてみれば、これは稚内〜鹿児島の“往復”に相当する距離。
我が脚の生み出すエネルギーで列島をすでに2度も縦断したのかと思うと、ちょいと自慢したくなる。
このまま行けば、来年の今頃は往年のパリ〜ダカールラリーに匹敵する12000キロを軽く達成しているはずだ。

気が付けば、東京には私のようなお調子者が多いとみえて、震災以降チャリで走り回る輩の増えたこと増えたこと。
免許いらずの気楽さのせいか、信号は守らない、ヘッドフォンしたまま走る、夜道で無灯火、挙句の果てはメールを打ちながら道の右端を走っている若い女性までいらっしゃる。
平成20年の道交法改正で、自転車は老人と子供以外、やむを得ない状況を除いて歩道を走れないことになっているのだが、実際にはほとんど守られていない。
私も嬉しさのあまり最初は無鉄砲に走り回っていたが、2度の転倒を経験し、今では極力慎重に運転するようになった。
お洒落なサイクルショップの数も増えたが、事故の数も同様で、さすがに警察も取締りを強化し始めたようだ。
余談だが、警察はバイクの性能の進歩に対応するのが遅いんじゃないだろうか?
荷物を満載しなければならぬ酒屋の配達車じゃあるまいし、いまだにあんな重そうな白チャリを採用しているなんて。
あれでは、引ったくり犯に簡単にぶっちぎられてしまうではないか。

さて、それにしても(前にもここで叫んだことがあるが)チャリのサドルの上は、なんと素晴らしい場所なのだろう!
仕事が終わった深夜など、初めての方は私と自転車を交互に見くらべ、「まさか、これから自宅まで?!」と驚かれる。
ペダルを漕ぐことは苦痛どころか楽しみなのだと説明しても、なかなか分かってもらえない。
本当に、私にとって一番“生と自由を実感出来る場所”がここなのに。
ランニングしている人が苦しみを通り越して恍惚感を覚えるのと同じで、ペダルを漕ぎ続けているとドーパミンやらβ-エンドルフィンやらの脳内物質が放出されるのだろう、心地よいほど浮き世離れした気分になってくる。
その時頭に浮かぶのは、現在や未来のことではなく、なぜか記憶の引き出しに大切にしまったまま忘れていたような過去のことが多い。
昨日の復路では、死んでしまった愛犬との楽しい思い出を翼にして、車影もまばらな井の頭通りを思う存分滑空した。

サドルの上でフラッシュバックする映像は日替わりで、ある時は若かりし日の両親の笑顔であったり、ある時は学生時代の海外旅行のワンシーンだったりする。
不思議なことに、家族や友人などリアルに明日も会える人のことは頭を過ぎらない。
人生の中でもう二度と手に入らないひとコマを取り出して再度鑑賞する場所として、サドルの上は最高なのだ。
それはきっとそこが、他の日常のどこよりも危ない場所、つまり少しだけ天国に近い場所だからなのだろう。
そこでは、後悔さえもほろ苦いスパイスとして好ましい物に感じられるから不思議だ。
おそらく危険を察知して分泌される脳内物質が、苦しむことを許してくれないのだ。
きっとF1レーサーも、懐かしい思い出を頭に浮かべニッコリ笑ってアクセルを踏み込んでいるんじゃないだろうか。
現在に悩みを抱え、未来に不安を感じる現代人は、みんなクヨクヨせずに自転車に乗って思い切り突っ走ればいいのに。
ただし本当に天国まで着かないよう、くれぐれも安全運転を。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 19:49| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。