WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年10月22日

Facebookってどうよ?

編集前記 BY ワダマサシ



世界の全人口が70億人なのに、8億人を超すユーザを持つSNSってどういうこと?!
mixiも未経験のSNS童貞だった私が、やってないとまずいのではないか?という脅迫観念に駆られ恐る恐る始めたFacebookだったが、手探りでいじり倒しているうちに何となく分かってきた(ような気がする)。
まあ使い方なんて人それぞれ、ってことは分かり方なんて自分だけのものでいいのだと思えば、初心者ユーザーの“いろは”は理解出来たと言ってもいいかな。

さて、私がFacebookと言う言葉を初めて耳にしたのは、意外にもかなり早かった。
別に事情通をアピールするわけじゃないが、あれは2005年の夏のこと。
英国に留学中だった友人の御子息に久しぶりに東京で会った時、彼が当時のイングランドキャンパスの一番ホットな話題としてFacebookをPCの画面を見せながら夢中になって説明してくれたっけ。
日本にもmixiなるものがあって結構盛り上がっているのだと知ったか振りで応じた憶えがあるが、それが恥ずかしくなるほどFacebookのページのデザインは驚くほどCOOL!であの当時から今とほとんど似たようなものだった。
Facebookで知り合った学生たちと写真など様々な情報を送り合い、時には旅行先で実際に会ったりして親交を深めているのだと、彼は熱く語っていた。
当時Facebookのアカウントを取れるのは、学生たちに限られていた。
学籍メールアドレスしか受け付けない等かなり厳重な登録制限があり、それゆえ特権階級の秘密結社的な雰囲気がより学生達の気持ちにフィットしたのだろう。
一方、現役学生の交友関係や素行、主義・主張などを調べるのに最適だったため、海外の大手企業はFacebookの中にそっと入り込み、リクルートのスカウティング調査に利用していると言う裏の側面があることも、彼に教えてもらった。
おそらく当時のFacebookは、そんな情報を密かに企業に売っていたに違いない。
だって、所詮学生ハッカーが作った会社なわけだから。

やがて一般にも開放されたFacebookは、あっと言う間に世界を席捲した。
“友達の友達は、友達だ”の連鎖が細胞分裂のように広がった結果なのだろうが、気が付けば8億ユーザー!
遂には、チェニジアのジャスミン革命や、エジプトの政権交代を起こす民衆パワーの源になってしまったのだから、あな恐ろしや。
初めて存在を知ってから6年後、映画「ソーシャル・ネットワーク」の影響もあり、その勢いはついにTwitterで一杯一杯の私の下にまで押し寄せてきたと言うわけだ。
それも当然のこと、台湾や香港ではなんと全人口の二人に一人がFacebookを使っているのだと言う。
老人と幼児を除くと、もはや「全員」じゃないか!。
まだ日本では460万ユーザー(人口の2.5%程度)だと言うが、すぐに1000万を超えるユーザーを持つmixiを脅かす存在になるのだろう。

さて、開始以来の私自身のFacebookの利用状況の変遷は、以下のような感じ。
わけわからずのまま始め、誰でもするように、まず身の周りの知人から友人登録を開始。
目の前の友達に「頼む友達になってくれ」とリクエストするのも誠に奇妙なことだと思いながらも、旧友、遠隔地の友人、疎遠になっていた人々、と輪を広げ、徐々に登録友人数を増やしていった。
その間、自分からの情報フィード(ツイートみたいなものか?)はせずに、友人たちが送る近況を楽しく眺めながら、ROMメンバーとしてひっそりと暮らしていた訳だ。
そうこうしているうちに、突然懐かしい知人からのリクエストが舞い込み始める。
これが実名顔出し登録のすごいところ、向こうがこっちを見つけてくれるのだ。
その中に、時おり強烈なのが混じってたりするから面白い。
なに?!あの時あの経験を共にした、あやつではないか!?
例えば、Facebook内にグループを立ち上げたから強制参加ですと言ってきたのは、アメリカW杯最終予選いわゆる「ドーハの悲劇」の辛酸をスタンドで共に舐めたサポーター仲間たち。
15年も前に、成田で別れたっきりだった人々との交流がまた始まるなんて想像も出来なかった。(ありがとう、Yクン!)
同様に、とっくに辞めた会社の同僚の集いも立ち上げられ、先日メンバーの還暦の集いが行われ、懐かしい上司に20年ぶりにお目にかかることが出来た。
これぞFacebookの醍醐味、一生再び交じり合いそうもなかった人々との接点復活には最高のツールだ。
もちろん、こちらから「あの人を探してみよう!」とアクションを起こすことも出来る。
相手がどこに住んでいようが外人だろうが関係ない、見つけて友達リクエストを出し、挨拶すれば再び昔のようになれるのだから素晴らしいではないか!
音信不通だった昔の恋人に巡り会うなんてロマンティックなことも、期待できるだろう。

逆に、ちょいと注意しなければいけないこと。
友人数も伸び悩んできた頃(別に増やせば偉いと言う訳ではないと思いつつも)、この人は知り合いではないですか?とのFacebookの方からのお節介のアナウンスがどうも気になってくる。
明らかに知っていれば、即友達リクエストをだせばいいのだが、「ううむ、知っているような気がするな」と言う人々が問題だ。
特にそれが“ハッとするような美女”の場合、「うん。オレが忘れているだけだ。多分向こうは知っているに違いない」と勝手に解釈し、ついリクエストを出してしまうことがある。
私もある日、試しに美女への「友達になる」ボタンをポチっと押してしまったのだが、すぐに「友達リクエストが承認されました」との嬉しい通知。
これに味を占め、魔が差したように同様のリクエストをジャンジャン発信するとさあ大変。
まだ見ぬ美女の友人が増えると、不思議なことにそのまた友人の美女を「知らないか?」とFacebookの方が言ってくるのだから始末が悪い。
ふざけたことに、「知ってる?」と聞かれたから「はい、知ってるかも」と闇雲にリクエストを出すと、「本当に知ってんのかよ?(このドスケベが!)スパムになっちゃうよ」とFacebookがフェイントをかましてくることがある。
「オメエが聞いてきたんだろ!」と、警告を無視して多分見知らぬ美女にリクエストを出したら、「2日間の友達リクエスト停止処分にします」のイエローカード。
この迷える私に、沢山友達を作って欲しいのか大人しくして欲しいのか、はっきりしてくれ!
そんなこんなで、私の友達帳は見も知らぬ美女だらけになりそうになっていた。
そうなるちょっと前に「オレはいったいなんのために?」と気づいたからまだいいのだが、この手の「どう考えても出来すぎた美女写真」のアカウントは、間違いなくなんらかのマーケティング目的、そうでなければ弁慶の太刀集めと同じ、ただ5000友人達成を目指すファン収集家だ。
考えてごらんなさい、引くてあまたのはずの美女が、なにが悲しくてみず知らずのおっさん達と片っ端からお友達にならなければいけないんだい?
もちろん、ごく一部本当に他意なく男性の友人申し出を積極的に受け付ける美しい女性もいらっしゃると思うので、気を悪くせず聞いていただきたい。
でもね、Facebook友達をできるだけ沢山増やして一儲けしましょう!という趣旨の本が書店にズラっと並んでいるのだから、当然と言えば当然。
個人の場合も組織的な場合もあろうが、美女フェイスを餌に集蛾灯にあつまる夏虫のような男性群を大量に広告投下先として仕込むのがヤツら狙いなのだ。
実社会では絶対に有り得ない“美女の女友達がほとんど美女”であることの異常さに気づけば、誰でも見破れることなのだが。
つまり、驚いたことに餌同士も効率を上げるために積極的に虚構の美女友人関係を築いているのだ!
その結果、パーティーやセミナーへの誘いや、物販の勧誘などがばんばんフィードされてうざくなったら、大反省の後なんの役にも立たない美女アカウントをお友達貼から一掃すればいい。
友達になるのは勝手だが、ゆめゆめ「素敵な方ですね…」などと鼻の下を伸ばした虚しいコメントを残されませぬように。(どこかで、誰かに見られますぞ!)
私の場合、それを知った上で、いつかこちらからマーケティング情報を流すルートとして参考までに美女群を“古漬けにして”残すことにしてみた。
と言うわけで…、重要なのは、本当の友達筋のためと、仕事部分のきちんと線を引いた使い分け。
これができたら“FB道”の次のステージに行けるのかもね、と思っている。
そんな誰でも分かりそうなことにやっと気づいた初々しい自分に、「いいね!」



この記事に納得したら、この下のFBいいね!ボタンもついでにポチ!↓


posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 16:38| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

ハングリーであれ、バカであれ

編集前記 BY ワダマサシ



米アップルの創業者、前CEOスティーブ・ジョブス氏が、今日(現地時間5日)56歳という若さで亡くなった。
奇しくも同社の新製品iPhone4Sの発表の日だった。
ジョブスの波乱に満ちた経歴や偉大な業績の詳細については報道やWikiに任せるが、身の回りのMac、iPhone、iPod、iPadなどのアップルの革新的な製品の数々を見るにつけ、彼が今のコンピューター社会の礎を築き、それを牽引してきたことを痛感せずにはいられない。

成功した多くの起業家の中でも、ジョブスほど頭の若さを失わなかった人物はいないと思う。
アップルの製品がいつも先入観を覆すような新鮮な驚きに満ちているのは、彼自身の柔軟でアーテスティックな考え方を常に反映しているからだろう。
直感や感性を重視するミュージシャンやデザイナーなどのアーティストがWindowsではなくMacを熱狂的に支持するのは当然のことなのだ。

「毎日を人生最後の日であるかのように生きろ。そうすれば必ずひとかどの人物になれる」
17歳の時に出会ったこの言葉に忠実に従って生きてきたジョブスが、末期と診断された膵臓癌を一旦克服した後の2005年に、スタンフォード大学の卒業生を前に行なった伝説のスピーチがある。
どんな解説よりも彼の偉大さを伝えるこのビデオは、一見の価値がある。
Stay Hungry, Stay Foolish 〜ハングリーであれ、バカであれ
スピーチを締めくくった彼のメッセージを心に刻みたい。




テキストでスピーチの内容を読みたい方は、
我ら、地域の仕掛け人に小野晃司氏の訳文が掲載されています。
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 10:55| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。