WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年08月21日

国歌考

編集前記 BY ワダマサシ



私は「君が代」が大好きだ。
こんなことを書くと、思想的な発言と勘ぐられそうだが、音楽として好きなんだから許して欲しい。
私だけでなく、誰もが自然に襟元を正したくなるその厳かな響き。
調べてみたら、平安時代に詠まれた和歌に明治時代の雅楽演奏家が旋律をつけたものらしい。
帝国主義時代の悲しい過去に遡った歌詞の是非の論議など、どうでもいいこと。
「君が代」は、西洋音楽など他の国の音楽と一線を画する、純国産の由緒所正しい大切な文化なのだ。
お調子者の私でさえ「君が代」を聴くと背筋がしゃんと伸びてしまうのだから、それでいいではないか。
ほれ、それこそが右寄りの姿勢の顕われじゃないかと仰る方にムキになって反論するつもりもないが、家族や隣人を思う気持ちがあるならば、その遥か先に繋がる愛国の心は、世界共通の素直な感情ではないかと思う。
そんな大切な気持ちを喚起してくれる素晴らしい国歌を持っていることを、私は日本人として誇りに思いたい。
もしこの国に、噂されているとおり「君が代」を放送することを避ける放送局があるとすれば、それは本当に悲しいことだと思う。

それにしても、たったの11小節、1分ほどの尺の中に、極限まで無駄を削いだ水墨画のような「君が代」の佇まいは、相撲の千秋楽のような日本的なお約束の場面よりも、サッカーの国際試合前などのインターナショナルなシーンでより際立つ。
サムライブルーに日の丸、君が代と揃えば、私の武者震いの三大要素完成、直立不動でこれを受け止めざるを得ない。
勇ましい他国の国歌と比べ、しばし心を鎮めるように誘う「君が代」の荘厳な旋律と簡潔な構成は、スポーツ心理学的な実用性においても理に適っていると思えてしまう。
3分40秒を超える壮大な国歌(確かに素晴らしい曲ではあるが)を持つブラジルなど、選手が歌詞をなぞるだけでも一苦労、2分を超えるあたりから明らかに選手がどっちつかず状態で集中力を欠いているように見える。
気が短く物覚えの悪い私など、改めて日本人でよかったと思ってしまうほどだ。
しかし、簡潔であるがゆえ「君が代」はほとんど演者に創意工夫の余地が無い。
出来るだけ正確に毅然と歌う必要があるので、ぜひセレモニーにおける独唱者の人選には細心の気配りをしていただきたいものだとサッカー協会に苦言を呈したい。

逆に、工夫の余地があり過ぎて羨ましくなる国歌がある。
アメリカ合衆国国歌「The Star-Spangled Banner」だ。
18世紀ロンドンのミュージシャンが集う社交クラブのヒットソングの旋律に、新たに星条旗をテーマに歌詞をつけ19世紀に出来たと言う。
コードやアレンジはもちろんメロディーをフェイクしても曲の本質が全く変わらないところが、西洋音楽の素晴らしいところと認めざるをえない。
アメリカの国民的行事スーパーボウルには、毎年名だたるシンガーが呼ばれ素晴らしい国歌独唱パフォーマンスを見せている。
マライア・キャリー、ホイットニー・ヒューストン、ビヨンセ、バックストリート・ボーイズ、フェイス・ヒル、クリスティーナ・アギレラ(彼女は、アカペラにトライし歌詞を間違えたことで有名)etc.名だたるスーパースターたちがこの課題にチャレンジしてきた。
スーパーボウルに限らず、米国国歌独唱は歴史的名演や珍演が数々あるので、The Star-Spangled Banner で検索しYouTubeで聞き比べてみると面白い。
それだけで時間が経つのも忘れてしまうほどのエンターテインメントになっているところが、ショービズの国アメリカのすごいところだと思う。

中でも2009年スーパーボウルのジェニファー・ハドソンのパフォーマンスはあまりにも見事なので紹介しておく。
クリスティーナ・アギレラの二の舞を避け、もしかしたらリップシンクでは?と疑いたくなる箇所があるが、そんなことはあの条件の中では当然のこと、大した問題ではない。

さて、そんな名演にも負けないほどの歌唱が我が「君が代」にもあるのでご覧いただきたい。
昨年春、第82回選抜高校野球大会における広島音楽高校の野々村彩乃さんのパフォーマンス。
これぞ、どこに出しても恥ずかしくない正真正銘のライブ。
私はこれを聴き、思わず涙が出そうになってしまった。
誰もが裸足で逃げ出したくなるような大観衆を前に、高校3年生のこの歌唱は見事の一言。
日本の若者、すごいじゃないか!
この二つのパフォーマンスを見比べ、歌って何だ?国歌って何だ?とか、世界の中で日本はどうあるべきか?なんて考えてしまうのは私だけだろうか。



                  あなたの心に響くのは、どっち?
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 00:26| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

あるアーティストの死

編集前記 BY ワダマサシ



元サッカー日本代表DF松田直樹選手が亡くなった。
34歳と言う若さだった。
世界を見渡しても、「スポーツマン=粗野で無骨」と言う通常の概念を覆すようなチャーミングでスタイリッシュな色気を纏うプレーヤーはそういない。
古くは70年代のマンチェスター・ユナイテッドのFWジョージ・ベスト、80年代後半から90年代かけて輝きを放ったACミランのMFルート・フリット、ほぼ同時期にACミランで活躍したウインガーのジャン・ルイージ・レンティーニ、同時期にヴェルディ川崎で活躍し和製レンティーニと言われたMF石塚啓次。
フランス代表のエリック・カントナ、イングランド代表のポール・ガスコインは天才肌で十分やんちゃだったがスタイリッシュではなかった。
現役ではイタリア代表FWマリオ・バロテッリ、ブラジル代表FWのネイマールに似た雰囲気を感じる。
ポジションこそ違え、松田は私にとってそんなアーティスト的オーラを感じさせる愛すべき存在だった。

これらのプレーヤー達は、不思議にも問題児と言う共通の側面を持っている。
過度の飲酒で50代でこの世を去ったジョージ・ベストは現役の頃から二日酔いで練習をしょっちゅうさぼったし、ドレッドヘアーがトレードマークだったフリットは代表監督と起用法で対立しアメリカW杯のオランダ代表を自ら外れた。
レンティーニは交通事故を起こし選手としてのピーク期を棒に振ったし、石塚はオリンピック日本代表に選ばれながら結局合宿所に現れず、以後二度と代表に呼ばれることはなかった。
松田も99年のシドニー五輪予選で当時の監督トルシエと衝突し、遠征先から無断で帰国したというエピソードを持つ。
これらの逸話は、彼らだから許されると思えるし、私などむしろ剥き出しの人間臭さに拍手を送りたくなってしまう。
天才ゆえの危うさと破天荒で唯我独尊な振る舞いが引き起こす周りとの軋轢。
それでも実力で2度の五輪とW杯を経験した松田は、そんな反骨精神をプラスに転化出来た一握りの名プレイヤーだったのだと思う。

マリノスから戦力外を通告されJリーグの下部リーグ松本山雅FCで健気にプレーする姿は、その意味で私の世代の心もしっかり掴んでいたのだ。
彼のあまりにも若すぎる訃報に接し、過酷な神の所業に憤った家内は「なんで、松田なのよ。あんた代わってあげなさいよ」とのたまわった。
「代われるものなら、代わってやりたいよ」と言い返したくなるほど、彼の死は唐突で悲しい。

正しいと思うことは、自分でみつけろ。
反骨精神を認めさせるためには、努力を怠るな。
かっこよくなければ、なにごともやる意味がない。
彼が実際に言ったわけではないが、この三つを、美しい思い出を残したまま散った松田直樹という稀代の名ディフェンダーの短い一生から勝手に感じ取り、私の座右の銘にしかと書き加えよう。




マリノスサポーターに別れを告げる松田選手。
「マジ、サッカー好きなんすよ!」と叫ぶ言葉が胸に突き刺さる。


2011JFL前期第12節松本山雅FCvs町田ゼルビア(5/22)
“FW”松田の勇姿が!すでに松本のサポーターの心をガッチリと掴んでいたことがよく分かる。

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:36| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

満身の怒りを込めて

編集前記 BY ワダマサシ



怒りに身体を震わせる誠実な人を久しぶりに見た。
衆議院厚生労働委員会で行われた、児玉龍彦東京大学教授の福島原発汚染の「放射線の健康への影響」の参考人説明。
学者としての責任を果たすため、自分の今後の立場を投げ出し、満身の怒りを込めて真実を伝えようとする姿勢に心を打たれた方も多いのではないだろうか。

日本中を震撼させるような内容のせいか微細な報道はされていないが、YouTubeではダントツトップの再生回数だった。(それが、ランキングからもなぜか消えている…)
圧力がかかってこの動画が消滅してしまう前に、せめてご覧になっていない方のために当ブログで紹介したいと思う。
総量として、広島型原爆の29.6個分(熱量)、 20個分(ウラン)があの事故で露出・飛散したという驚愕の事実。
日本の英知を結集して、いま出来る対策を可能な限り迅速に行わなければ、取り返しのつかない事態になるであろうことを、これを見て再認識して頂きたい。

一教授の意見を鵜呑みにしていいのか?という方もいらっしゃると思うが、発言の姿勢を見れば、少なくとも己が信じる真実を語っていることが理解できるのではないだろうか。
私利の為に国民の健康・生命をないがしろにして事実を歪曲し伝えてきた今までの有識者たちと比べ、各々が判断してほしい。
まずすべきこと――それは、この動画を一人でも多くの人に届けることかもしれない。
子供たちを守るために。

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 16:59| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。