WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年07月29日

居場所への旅

編集前記 BY ワダマサシ



自分の“居場所”を探す長い旅。 
名言調に言えば、人生とはそんなものではないのかな?
私ごときが、ここで大上段に構えて生き方を語るつもりなど毛頭ない。
しかし、もがき苦しみながらも旅の序盤を進む若い人達に直に接し、あらためてそう感じた。
そして、いい歳をしてそんな人達に出来る限りの協力をしなければとも思ったのだ。

それにしても、自分の居るべき場所をはっきりとイメージ出来ている人は幸せだと思う。
もしそれが遥か彼方だとしても、視界に捉えてさえいれば、少しずつ近づくことが出来るから。
いい居場所ほど、競争が激しいのは当然のこと。
でも、今がそこに向かう旅の途中なのだと自覚できれば、日々の苦しさにも忍耐強くなれるというものだ。
旅の果て、そこに辿り着いた時の喜びもひとしおだろう。
もっとも、旅行好きがまたどこかへ出かけたがるように、目的認識が明確な人にとって、居場所探しは永遠に続くのだろうが。

私を含め多くの凡人は、夢を持ったとしてもそこに向かう真摯な姿勢を持ち続けられない。
結果、進む方向をちょくちょく見誤り、知らずに堂々巡りのような日常を積み木のように安っぽく重ねていくことになる。
そのいびつな集積を前に、後付でこここそが目指した居場所だったと言い張り、自分を納得させるのが関の山だ。
なんとなく与えられた場所に居座る凡人にとって、着々と旅を続ける人は眩しく見える。
メーテルリンクの「青い鳥」のような平凡な幸せを否定するわけじゃないが、結果オーライの情けなさは頭を掻いて素直に認めなければ。
同時に、我慢しながらも離れずに私のささやかな居場所に付き合ってくれる家族や仲間を大切にしなければと、心から思う次第だ。

同期の連中は「さすがに、もういいんじゃないか」と冷ややかに言うだろうが、冒頭の初々しい旅人たちの真剣さに感化され、私も遅まきながら再びもっと遠くへ旅に出たくなった。
少なくとも、今この時も旅を続けているという気持ちを持たねば、道連れ達に迷惑をかけてしまう。
自分がもっと遠くへ旅することが、家族や仲間にもっと近づくことになる。――そんな気がしたのだ。
「ついてこなくていいよ」と彼らに言われる前に、心身の旅支度だけは怠らないようにしよう。





posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 16:09| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

フランクフルトの歓喜

編集前記 BY ワダマサシ



この事に触れないわけにはいかないような出来事が、今朝起こってしまった。
きっとこの勝利は「フランクフルトの歓喜」と名付けられ、語り草になるのだろう。
風のように二アに走りこんだ澤がジャンプして合わせたボールがゴールネットに突き刺さった瞬間、「決勝に出られただけで十分じゃないか」とそろそろ自分を慰めて寝る準備を始めていた私は、正直都合よく寝呆けているのかと思った。
明け方に見た正夢、そうとしか言いようがないほど、あの同点ゴールはドラマティックで美しかった。
それなのに、当の本人は比較的冷静にそれを受け止め控えめに喜んでいるように見えるところが、ヤマトナデシコの地に足が着いたメンタリティーを感じさせる。
これが男子選手だったら、駆け寄る味方選手もぶっち切ってピッチを走り回り、芝生にひざ滑りして大声を上げてのけぞるところなのに。
モーガンの先制ゴールもすごかった、宮間の同点ゴールも痺れた、ワンバックの勝ち越しゴールなんて男子顔負けだった。
しかし、なんと言っても澤は神のようだった。

今日は短いけど、ご勘弁を。
みなさん、W杯決勝の延長後半残り時間3分、敗色濃厚の時の起死回生の同点ゴールですよ。
もうこれ以上何もいうことなし!
観てる方が諦めかけた時にこんなことが起こり得るんだ「だからあきらめるな」と、そして「全てが終わるまでは調子に乗りすぎずに冷静さを保て」と、この映像を何度も見て心に刻んでおこう。




posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 12:10| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

長幼の序(ちょうようのじょ)

編集前記 BY ワダマサシ



長幼の序。
言葉の勉強ではない、今日は腹立ち紛れに叫ばせてもらおうかと…。
いまこの普段聴きなれない言葉をググると、たった9日間(!)で辞任した(事実上国民の総意で更迭)松本龍前復興相の呆れた暴言ニュースにあっと言う間にたどり着く。
この言葉そのものの意味は、「長じた者は幼い者を慈しみ、幼い者は長じたものを尊敬する」という、今まさに失われつつある大切な心のこと。
少なくとも、相手に強制するような類の教えでないことは確かだ。
この松本何某というおっさんは、使い方を完璧に間違えちゃったね。

「ああ、あの件ね」と、ご存知の方も多いと思われるが、もう一回整理して事実をここに曝してみたい。
事の発端は、就任直後今月3日の宮城県庁での知事との会談の席。
応接室に通されてから、 “たった数分”待たされたことになぜか立腹した(そこだけをとっても小さ過ぎる人物)松本前大臣が、「(村井知事が)後から入ってきたけど、お客さんが来るときは、自分が入ってきてからお客さんを呼べ。いいか、『長幼の序』がわかっている自衛隊(知事が自衛隊出身であることを嫌味ったらしく引用)なら、そんなことやるぞ。わかった?しっかりやれよ」と、“被災県民を代表する”知事を、社会生活ではまず聞かないレベルの超上から目線の “命令口調”で叱責したのだ。
おまけにその現場にいたマスコミに、この事を報道しないように要請。
「書いたらその社は終わり」と、なんと言論の自由まで封じこんだ。

ねえねえ松本さん、つまりこういうこと?
「オレはお前よりも、序列がずっと上で偉い人間なんだから、敬い失礼のないようにしろよ」と?
他人に対して、「自分の方が偉い」と面と向かって言い放ち、それなりの対応を卑しく強要した“大人”を、私はいまだかつて知らない。
これが幼児ならば「ボクちゃんは偉いんだぞ!大臣だし、パパだって社長さんなんだから!」と言っても可愛げがあるので、「そうでちゅか、ハイハイよかったね」と返せるのだが、情けないことに還暦を迎えるいい大人のガチンコ発言なんだから手がつけられない。
仮に、民間の社長が規模の小さい他社を仕事で訪問した際に、応接室で数分待たされたからと言って、「私はそっちより大きい会社の社長なんだから偉いんだ。それを起立して出迎ずに待たせるとは何事だ!」と相手を恫喝するだろうか?
ああ、恥ずかしい!恥ずかしくて、こっちまで赤面しそうだ。
実際には、自分の方が任免されたばかりの新米大臣なんだから、ずっと現場で復興に心血を注ぎ、被災者を代表する立場の村井知事の方が、この仕事については“序”もうんと上位と敬えんのか?!
さらに、同日に行われた岩手県知事との会談では、「知恵を出さないやつは助けない(何様だ?!)」や「九州の人間だから、“何市がどこの県”とか分からん(知っとけ!)」と言いたい放題。

それらの舌禍の責任を問われると、「九州の男だから」「血液型がB型だから」言葉がきつく誤解を受けたなどと関係ないベクトルから釈明。
ふざけるな!礼節を重んじる九州男児や、B型の人々は、一緒にされて激怒しとるぞ!
お願いです、彼の選挙区福岡の方、中でも特にB型の方、目を醒まして下さい。
国政の場に、こんな権威主義のボンボンを断じて送り込んではいけませんぞ。

それにしても、9日で辞めねばならないような“日本で一番この仕事に向かなかった人物”を指名した菅総理の任免責任は、今度こそ重大だと言わざるを得ない。
そもそも矢面に立つべき防災大臣の職で震災を迎えながら、な〜んにもしないで気配を消していた休み好きの松本大臣を横滑りで任免。
はなから疑わしかった能力など精査せずとも、たった一回会ってじっくり話すだけで、どんな品性の人間かは分かったはずなのに…。

私の周囲の仕事仲間でもある後輩のヒットメーカーたちは、私が彼らの手腕や功績を讃えようとすると、全員が例外なく謙虚にそして丁寧に、その賞賛からなんとか逃れようと試みる。
「いやあ、私だけの力ではありませんから…」のように。
本物は、長幼の序はもちろん、謙譲の美徳を持っているものなのだ。



☆被災者はどんな気持ちでこれを見たろうか・・。悔しい!

権威主義大臣の呆れた狼藉・・・。





posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 10:47| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。