WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年06月29日

スイートスポット

編集前記 BY ワダマサシ



極端にナイスショットすると、ボールはびっくりするほどすっ飛んでいくのに、嫌な衝撃が全く身体に伝わらない。
残るのは、これ以上ないほどの心地よい感触。
ゴルフ以外にも、野球のバット、テニスラケット、サッカーのインステップキックやヘッディングでも稀にそんな経験をした。
人間の頭蓋骨にもそんなもんがあるとは驚きだが、眉と眉の間でサッカーボールを捕えると全然痛くない。
これらは力学的にもっとも効率よく反発する最高の一点、つまりスイートスポットでボールを捕えた時の感触で、「芯を食った」などと表現される。
その快感が忘れられずに「よしもう一度!」などと意識すると、必ずと言っていいほどミスをする。

アイアンをダフって地面をザックリ削った時の感触は不快きわまりないもので、やる気をそぐことおびただしい。
すんなり前に飛ばすことさえ覚束ないのに、いわんやスイートスポットでのヒットなど至難の業。
心地よい感触を意図して味わうにはそれなりの精進が必要なのだ。
実戦ではさらに条件が厳しくなるので、私などコースでそれを経験したことが多分まだ一度もない。
心を無にしてスイングすればいいものを、毎回毎回「生涯一のショットをしてやろう」と目論み、いらぬ工夫をする心の弱さ。
先日、練習場でボーっと昼飯のことを考えながらスイングして芯を食ったことがある。
ボールなどそこに無い物と思えた瞬間、突然幸せがやってきたというわけだ。
スイートスポットは、きっと雑念が大嫌いなのだろう。

こじつけのようだが、ミュージックシーンにおいても、考え抜いたものより自然体で偶然生まれた曲が大ヒットすることが多いし、意識して二匹目のドジョウを狙った次の曲はたいてい外れると相場が決まっている。
アーティストの道行きに山や谷があるのは当然なのだから、それを受け入れ、ずっと力を抜いてシンプルに続けることだけを考えていれば、結果ある周期で極端に「芯を食う」ことになるのだろう。

現在のマーケットを華やかに彩る、ジャニーズやAKB一派やEXILE軍団。
これらは、それぞれの偉大なプロデューサーが無邪気に同じスイングを何度も何度も繰り返し続けた結果としか言いようがない。
スタンスが半端なくブレない分、フォームの再現力も相当なもの。
こうなると、たとえアゲインストの風で調子を崩しても、あわてず騒がずいられそうだ。
おまけにスイートスポットそのものを、自らかなり広めに改造できてしまえるようなので鬼に金棒ってとこか。
ううむ、学ぶところばかりで、こっちはますますダフりそうだわい。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 11:26| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

だましだまし

編集前記 BY ワダマサシ




いまこの文章を打っているマイパソコンは、普通に起動させてもキーボードを認識してくれない。
つまり、パスワードも入力できないので、OSさえ立ち上がらないというわけだ。
ところが、起動ボタンを押した直後にある部分を私がバンとぶっ叩くと、なぜか問題なく使えるようになる。
私はそれを修理する気もないし、むしろ他者をよせつけない身持ちの堅いPCとして可愛がっている。

我が家の台所のワンプッシュ着火式のガスレンジは、スイッチを押した瞬間にスッと指先の力を抜かないとうまく火がつかない。
何度やってもつけられなかったガス会社の保安員は、私が一発で成功させると、手品を見るような顔で感心してたっけ。
「部品交換しましょうか?」との申し出を、私はもちろん断った。
だって、私にとってそれは故障ではないのだから。

そう言えば、子供の頃住んでいた家の門の鍵の開け閉めは、両親だけの特殊技能だった。
なんでも、少し扉を上に持ち上げた状態で鍵を回すらしいのだが、微妙な力の入れ具合は子供が簡単に習得できるものではなかった。
父も母もそれを不便とも思わず、家が改築されるまで鍵が修理されることはなかったな。

他にも、自転車、机の引き出し、テレビ、ラジオ、洗濯機などなど。
一筋縄ではいかない道具が、身の回りにたくさんあったことを思い出す。
私はそれらを「だましだまし」使うのが結構好きなのだ。
自分でしか制御できないという自信が「物」への愛着に繋がるのだと思うが、それはペットを飼う気持ちにも似ている。

学生の頃、大切にしていたアナログレコードに傷がつき、回転するごとに「プツ」というノイズが入るようになっても、それを聴くのをやめなかった。
ついには針飛びするようになっても決して捨てたりせず、針圧(レコード針の重さ)を工夫してなんとか聴き倒したものだ。
ノイズ交じりのカーペンターズは、いまむしろ思い出になって心に残っている。

音楽はやがてノイズのないデジタルCDになり、そしてついに「物」ですらなくなってしまった。
テクノロジーの進歩は圧倒的な便利さを生み出したが、「物でないもの」に人はいったいどんな愛着を見いだせるというのだろう?
AKB48の総選挙投票のためにCDを大量に購入するというファンの人々。
投票券を抜いたあと、CDそのものが捨てられるという記事を悲しい気持ちで見て思った。
いま「だましだまし」使われているのは、人間のほうだったりして。






posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 10:12| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

スタートとゴール

編集前記 BY ワダマサシ



なにごとにも始めと終わりがある。
その周辺の時間帯は何か特別なことが起きやすいので、特に集中する必要があるってのは、よく聞かされた戒めだ。
そう言えば、イントロとエンディングに手を抜くなというのは、私の心に残る先輩たちの言葉のひとつだったっけ。

話を戻して、たとえばサッカー。
全後半開始直後の5分と終了直前の5分間の時間帯のゴールが多いのは、統計的にも証明されている。
「ドーハの悲劇」なんてその典型、三浦知良の先制ゴールが前半5分、あと数十秒気を抜かずに我慢できたならと悔やんでも悔やみきれない失点は魔のロスタイムに生まれた。
野球の初回の表に入った1点は「スミ1」と言われ、なぜか1−0という試合の決勝点になることが多い。
逆に9回裏二死後の大逆転も数多く見られるので、勝負は終わるまでわからないと解説者が決まり文句を言うのだろう。
相撲だってほとんどの取り組みが立会いで決まるし、長い勝負になると土俵際のうっちゃりが意外に多いのも事実。
ゴルフだってスタートホールで躓くと、そのラウンド全体に影響する。
私など、スタートホールでドライバーがまっすぐに飛んだ記憶がいまだにない。
石川遼が1番と18番ホールのバーディ率が高いのはよく知られているように、一流の選手は逆にその時間帯の押さえがキチっと出来ているのだろう。

だから、スポーツのコーチは必ずこんな風に注意を促す。
「いいか、落ち着いて試合に入れよ。最後まで気を抜くな」
でも、注意されても無理ってば。
やはり、結局そこで何かが起きてしまうんだよ。
なぜか?
上空で巡航していればこれほど安全な乗り物はないと言われる航空機の事故の80%以上が離陸時と着陸時に集中しているように、「始めることと終わること」は、そもそもそれだけ他よりリスキーな行動だということなのだと思う。
離陸しなければ飛行機は落ちないが、飛ばなければ目的地に着くことは出来ない。
仕事だって新しいトライをしなければ失敗は少ないが、始めねば次が生まれない。
スタートとゴールの教訓は、リスクを厭(いと)わない「勇気あるものへのはなむけの言葉」なのだろう。

なぜこんなことを言うのかって?
数日前チャリで渋谷に向かった私は、目的地を目の前した上り坂でチャリを降りそれを押しながら歩いていた。
そのまま路地に入り、自販機を通り過ぎたところでのどの渇きを覚え、よくやる片足だけペダルに乗せて立ち漕ぎの体勢で軽くUターン。
なんとそこでよろけて転倒、頬をアスファルトで打ちいい年をして青タンを作ってしまったのだ。
いつかは転ぶとは思っていたが、歩くよりも遅い速度のチャリで到着地点で転ぶとは…。
自分のチャリに躓いてコケたと言ったほうがいいみっともないアクシデントだったが、そんなことでチャリをやめる気は毛頭ない。
そのことを肝に銘じ、安全運転はもちろん、何かを始める時にはリスクを恐れず、終わる時はさらに細心の注意を払おうと心がけている。
青タンは、それにいまさら気づいた私への勲章だ。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:27| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。