WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年05月27日

サドルの上の視点

編集前記 BY ワダマサシ



震災後自転車で移動するようになったことはつい先日お伝えしたが、そのせいで、大げさな言い方をすると、社会の見え具合が変わってきたような気がする。
しょせん通勤電車なんて駅から駅の他力本願の移動手段、途中の変り映えのしない車内の様子や、窓から見える線路端の風景に興味を持つなんてことはなかった。
結果、自宅と仕事場周辺の2点を中心に世の中のごく一部を垣間見て、それを全てのように誤解していたのだろう。
季節の移ろいも知覚できないし、他人の日々の暮らしぶりなんて関心のはるか圏外。
それこそが社会の営みと言うべきものだと知りながら。
それを補おうと、車内の人々は新聞や雑誌や携帯端末から絵空事のような情報を得ようとするのかもしれないな。
携帯をボケっと眺める時間が激減した私は、ドコモの請求がなんと3分の1に、さらに雑誌・新聞の購入量も10分の1以下になった。
いやあ、エコ万歳。(エコロジー&エコノミーね)

自転車ってやつは、一方通行だろうが狭い路地裏だろうが道がある限り360度のバリエーションで意のままにコースを選ぶことが出来るので、街の片隅まで実際に目で見て、それを足の裏から「面」としてしっかり感じることができる。
駅からうんと離れた住宅街にポツリとたたずむ名も無い洋食屋が猛烈に美味かったり、バス通りの小さなファミレスで耳に入る学生や主婦たちの会話が超面白かったり、路地裏の居酒屋が劇的にうまくて安かったり。
移動の途中でそんなことを発見する自由を得られたのも、自然エネルギーである人力を利用しようと思い立ったからなのだ。
クリーンエネルギー万歳、マイ脚万歳。

都会に住んでいる人間なんて、多かれ少なかれ文明という籠の中に飼われた小鳥のようなもの。
驚くほど狭い範囲で、しかも驚くほど均一化した空気の中をちょちょいと飛びながら、そのことに気がついていないのではなかろうか?
携帯に目を落としている間に点から点に移動することを可能にしているのも、季節感がなくなるほどどこに行っても快適なのも、文明が空気のように供給してきた「例の」エネルギーの賜物。
でも便利さと引き換えに、本当は見るべきなのに見なくなってしまったもの、感じるべきなのに感じなくなってしまったものが、たくさん出来てしまったんじゃなかろうか?

終電を気にせずに仕事をしたあと、寝静まった住宅街の緩やかな坂道をチャリで滑り下りながら、まるで籠から放たれた鳥のように大空を飛んでいる気分に浸り、そんなことを考えてみた。
今宵は、自宅の近くで見つけた小さな喫茶店のようなスナックで、おいしいハイボールを一杯だけ飲んでから、チャリをゆっくり押して帰るとしよう。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:09| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。