WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年04月30日

静かなゴールデンウィークの味わい方

編集前記 BY ワダマサシ



フリーランスの私にはあまり関係ないけど、とりあえず今年もゴールデンウィークがやってきた。
連休の初日の昨日、都心部は車の数も人出も極端に少なく、帰り道にチャリで通った真っ暗な新宿通りは、まだ宵の口だというのに深夜3時のような閑散ぶり。
とにかく「ひっそり」という形容が相応しいほど「街の喧騒」が感じられず、30メートル先の人の話し声が耳に届くほどだった。
それでも伊勢丹前を過ぎ駅に近づいたあたりのマツキヨ店頭で、やっと田舎の縁日並みのこじんまりとした賑わいが見られたが、でもそこだけという有様。

しかし不思議なもので、今まで見てきた繁華街の「人ごみ」はまるでカキワリの背景のように無表情で「人間」を感じられなかったのに、寂しい街角ではすれ違う人ひとりひとりに意識せずともそれなりの関心を振り向けられるようになる。
それは、山道ですれ違った人に思わず話しかけたくなる心理に似ている。
あれほど寂しい街で困っている人を見かけたら、誰もが自然に手を差し伸べる気になることだろう。
人が少ないということは、個が触れ合う機会を増やすということ。
閑散とした街には、そんないい面だってあるのだと納得。

ゆっくりチャリを漕ぐ私にそんな人の繋がりについて考えさせたのは、間違いなくその直前に観た映画の影響だった。
友人が空いた時間にぜひ観ろと前売り券をくれた映画「阪急電車〜片道15分の奇跡」
前知識を持たなかった私は、大阪の電車の映画と聞いただけで福知山線の事故の話かと誤解をしていたほどだった。
よく考えてみれば、あの事故はJRだったと着席してから気づく。
「阪急電車」は、有川浩の同名のベストセラー短編集の映画化。
兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から兵庫県西宮市の西宮北口駅を経て今津駅までを結ぶ阪急今津線を舞台に、電車を利用する人々の様々な日常のエピソードが絡み合い、全体で心温まるドラマになっている。
なにも期待していなかった私だったが、見終わった後しばらく席が立てなかったほど感動させられた。
客電が点ったあと周りを見回すと、どの観客も優しい笑顔で涙を浮かべている。
どの顔も、偶然出会った他人を思いやれる人間という生き物の素晴らしさをかみ締めていた。
細かい解説はネタバレに過ぎずかえってご迷惑かけるので省くが、観た人誰をも優しい心にさせるヒューマンドラマの秀作だとだけ申し上げておこう。

最近観た中では、品川ヒロシ監督の「漫才ギャング」も笑いと感動で満点をつけたくなるような傑作だったが、観終わったあとの清清しさの点で「阪急電車」もまったく負けていない。
面白さの種類こそ違うが、両方の映画に共通するのがポジティブな「人間賛歌」の心、今の世相にぴったりとフィットしているのだと思う。
ゴールデンウィークには、大切な人と静かな街を歩き、この二本の映画を鑑賞されてはいかがだろうか。





posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:07| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

自転車に乗って

編集前記 BY ワダマサシ



徒歩で帰宅するのは、普通の体力の人でも20キロあたりが限界だと言う。
おなじみGoogleマップのルート検索機能を使い、歩かざるを得ない時に備え帰宅ルートをシミュレーションしてみた。
やり方は簡単。
基本画面のルート・乗り換え案内をクリック。
現れた入力画面の「徒歩マーク」を選択、出発地と到着地を入力し(住所でも、駅などランドマークも可だった)検索すればいい。
よく車を運転する人は道に詳しいからと油断しがちだが、普段から距離よりも走りやすさとか走行時間を優先してルートを選ぶクセがあるので、徒歩の時にかなり遠回りしかねない。
その点徒歩ルート検索では直線距離に限りなく近い最短コースが表示されるし、右左折はもちろん横断歩道を渡れとか細かい指示まで付記してくれるので、実用性は高そうだ。
私の仕事エリアである渋谷駅から自宅のある西荻窪までは、最短ルートを通ると11.8キロの道のり、普通に歩いて2時間22分。
銀座からだと15.7キロ3時間14分だから、これもなんとかなりそう。
羽田空港の27.6キロ5時間39分あたりが、リアルな限界だろうか。
じゃあ浅草あたりからはどうだろうと、出発地点に「雷門」を入力してみた。
しばらく考え込んでいたコンピューターが、「4256キロ、33日15時間」を表示したのでたまげて見直すと、どう言う訳か出発地が「中華人民共和国広西チワン族自治区防城港市上思県“雷門”」になっていた。
猿岩石じゃあるまいし(古い?)、誰がそんなところから歩いて帰るか〜い!
それにしても、そんな遠方の僻地からの徒歩ルートまで検索できるとは。
面白いのでそのルートを辿ってみると、出発地チワン族の村からテクテク上海に向かい港に出ると、「海上を進み」鹿児島の串木野海岸に上陸するルートなのだが、東シナ海横断の交通手段が「ジェットスキー」になっていたのは、プログラマーのシャレ心だろうか?
ちなみにニューヨークからの帰り道を調べたら、太平洋は「カヤック」で渡ると出た。
あなたも、世界各地からの徒歩帰宅ルートを検索してみるといい。
かなり暇つぶしになること請け合い。

さて本題。
11日の震災の日に、幹線道路の自転車屋が帰宅困難者で大繁盛したと言う話を聞いた。
わが町西荻窪の自転車屋でさえ、一日で43台も売ったそうだ。
歩くのに疲れた人が、帰り道の途中でやむをえず買ったのだろう。
起こりうる帰宅困難状態の訓練のため、震災直後のある日、自転車に乗って渋谷まで行ってみた。
内装3段ギアのポンコツママチャリだったのだが、なんと1時間40分もかかったうえ、到着直後に前輪がパンクしてあっけなく走行不能に。
なんとか修理して帰ったが、ママチャリは相当厳しいとことが判明。
しかし下り坂の爽快感も捨てがたく、かつての自転車通学少年の心が蘇ってしまった私は、翌日スポーツバイクの専門店に友人と赴き、クロスバイクを衝動買いしてしまった。
イタリアのビアンキというメーカーの入門車なのだが、これで都内を移動することになれば、私の月平均の交通費が1万円(定期+スイカチャージ代)としても、数ヶ月で取り戻せるじゃないかと考えたわけだ。
しかも、フリーランスのご法度、終電後のタクシー利用を恐れる必要がないので、ゆっくりと仕事が出来る。
渋谷までの走行時間は12~3キロ40分ほどだが、購入以来約一月以上経過しその間電車に乗ったのはたった一日だけ。
すでに1万円は取り戻してやったぞとほくそえんでいる。
出来るだけ定速走行することと、多少遠回りでも無駄に長い上り坂を避けたコースを取れるかが走りのコツだということも、次第にわかってきた。
どこにでもヒョイヒョイ行けるので、フットワークが断然よくなる。
それに、リュックとメット持参で打ち合わせに行くと、エコでストイックでスポーティーなイメージまで身にまとえる。
しかも、走行後のビールの旨さは格別だ。
にもかかわらず、一日平均25キロは走るので、気になっていたウエスト周りのたるみがやや解消され顔の色艶まで良くなってきたように思える。
まさに一石三鳥以上の効果。
いまではペダルを漕ぐのが苦痛ではなく、むしろ楽しみになっている。
このバイクがあれば、チワン族自治区からでも帰ってこれそうな気分だ。
これからの暑い季節にチャリを漕ぐのはかなり厳しいとは思うが、どこまでこの調子が続くか勝負。
くじけたら正直に告白するので、応援してください。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 12:05| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

次に見る夢

編集前記 BY ワダマサシ



震災から一月が経ち、“あの日以降の世界”の日常がやっと始まった気がする。
被災地の方々の想像を絶するご苦労を思うと、何を言っても薄っぺらになってしまうが、前の平穏な日々とは明らかに違う世界が幕を開けたという気がしているのは私だけではないはずだ。
不夜城と言われた東京の繁華街が戦時中(もちろん未経験だが)のように暗く、飲み歩く人の数もまたその勢いも、以前とは比較にならないほど寂しいものになってしまった。
デパートやブランドショップが軒を連ねる銀座や青山も、昼間に景観だけを見れば以前と何も変わりはしないのに、どこか虚ろに映ってしまう。
もう少ししたらまた元通りだよと言い切る人もいるが、私にはそうは思えない。
楽しい夢から突然叩き起こされ、すぐにまた平然と安眠し前の夢の続きが見られるものだろうか?
人の心は、そんな簡単なものではないと思うのだ。
いまは「次に見るべき夢」を恐る恐る探している時なのかも知れない。

以前とは違う基本的な価値観が、この震災を契機に人々の心に芽生えたのは確かだ。
「贅沢」よりは「清貧」、「浪費」よりは「節約」、「虚飾」よりは「本質」。
自分自身に問いかけても、虚実を見極める物差しが大きく変わったと実感する。
同時に「利己」よりは「共存」の考えも急速に根付きつつある。
被災地へのボランティアを希望する若者の多さは、神戸の震災のときとは比較にならない。
私の周りでもほぼ全員が、「チャンスがあれば是非いきたい」とためらわず真顔で答えるのだから驚きだ。

「若い人たちは、これからの価値観にすぐ順応できるように、とっくに変化していたんじゃない?彼らが困らないように神様がそう仕組んでいたのよ」
これは家内がもらした感想なのだが、「神様が」のところはともかく、ほぼその通りだと思う。
どれだけ楽をするかだけに工夫を凝らしているように見えていた、昨今の若者たち。
それが、実は次代の価値観を内面でひそかに準備していたとは。
車を欲しがらない若者、フリーターとして生きる若者、結婚をしない若者、草食系男子、介護などの職に意義を感ずる若者…。
バブル期のアニマルのような生き方をモットーとしてきた我々大人とはまったく違う彼らは、競争よりもお互いに個を尊重し合い共存を得意とする人々なのだろう。

昨日会った友人は、スペインやポルトガルの「文化を尊び人生を謳歌する」姿を例にあげ、GDPなどの意味のない数値だけを競っていたことがもはや間違いだったと知るべきと主張していた。
わたしはこのブログで、スーパーコンピューターの開発について「1番じゃなければダメなんですか?2番じゃダメなんですか?」と言った蓮舫大臣を「1番を狙わずに、2番になんかなれるか!」と痛烈に批判したことがあったが、あれは古い考えであり、もはや間違いなのだと素直に認めることにしよう。
どうせ1番を狙うなら、「幸せ」とか「文化」とか「スポーツ」ぐらいでいいじゃないか。

音楽はどうか?
人と音楽の関りもまた、震災を契機に必ず変わる。
音楽が瞬間に消費される質の物ではなく、未来に残す文化なのだと考えれば、その可能性は広がるし、今後果たすべき役割も以前にも増して大きいと思うのだ。
なんとしても1番を狙うためだけに姑息な工夫をこらすのはもう終わりにし、文化や幸せの一端を担うという気概で臨むとしよう。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 11:23| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。