WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年03月27日

音楽に何ができるだろう?

編集前記 BY ワダマサシ



2011年3月11日午後2時46分――この瞬間を境に日本は、いや世界はガラリと変わってしまった。
震災前と震災後、それは第二次世界大戦を分岐点にして戦前・戦後と時代を区別するのとまったく同じだ。
「そんな、大げさな」と仰る方もおられるだろうが、歴史がやがてそれを証明するのだろう。
私自身、さまざまな物事の判断基準が自動的に大きく動いてしまったことを日に日に実感している。

エコロジー、地球温暖化、節約・節電などのお題目を掲げ、あまりその気もないくせに自然を守ろうなどと「うわべ」で姿勢だけを見せてきた震災前の私たち。
それがどうだ、守るべき美しい自然に牙をむかれた今、(経済を停滞させない範囲で)つつましく謙虚に生きることは我々にとってつきつけられた現実そのものになってしまった。
これからは「どうすれば自然の中の生活を取り戻せるのか」をいやが上にも問われる番なのだ。

それにしても壊滅的被害を受けたのが、人間が支配者として傲慢に振舞う大都会ではなく、日本の中でも特に自然と人間がうまく共存しているように見えた東北から関東にかけての東側沿岸の美しい町や村々だったのはなんたる皮肉だろう。
都会に住む自分たちのカルマのようなものを、あの地域の人々が身代わりに引き受けてくれた気がして、いてもたってもいられない思いで一杯だ。

あの日から一切CMを流さなくなったテレビの報道に釘付けになり自然の猛威に言葉もなく叩きのめされた一週間が過ぎると、次にクローズアップされたのがあまりにも大規模な原発事故。
復興に立ち上がろうとする人々に、さらにこんな苦難が待っていようとは。
なんとか放射能パニックを避けようとする報道だけを信じていいのかと人々が疑心暗鬼になるのも無理はない。
現状は、世界でも例の少ない国際原子力事象評価尺度において「レベル6」という、スリーマイル島を凌ぐクライシスなのだから。
風評被害がとりざたされる中、ここではその深刻さをいたずらに助長することは避けるが、ツイッターなどで「原発」「放射能」などをキーワードに現地から伝わるナマのつぶやきを聴き、一人一人が手遅れになる前に真実を見つけ出して欲しいと思う。

あまり詳しく報道されていないが、東京から地方へそして本国へと外国人居住者の多くがすでに脱出しているという現実。
外資系企業の多くは、東京の本社機能をすでに大阪以西に移しつつあるという。
昨日私が打ち合わせで訪れた副都心の大ホテルは、週末だと言うのに施設内のテナントも閉鎖され、あたかも戦時中のように閑散としていた。
そこで今後催されるはずだったコンベンションやイベントもほとんどすべて中止。
逆に大阪のホテルは、一時避難の外国人家族などで予約が取れない状況だという。
海外から日本を訪れる観光客は激減、今後もこの状態はしばらく続くのだろう。
政府は必死に安全をアピールするが、地震・津波はともかく、放射能汚染が懸念されるとしたら敢えてそこを訪れるはずもあるまい。
スリーマイル島事故の時に、日本政府だって周辺の邦人に避難勧告をしたに決まっているのだから。

あの日以降、被災地の方々の想像を絶する困難を知るにつけ、日本人一人一人が自分に何ができるだろうと考えているに違いない。
食料品、燃料、衣類、水、そして住まい−−多くの支援の物品が十分でないにしろやっと現場に届き始めているようだ。
私も今日、布団・食器・炊飯器・冷蔵庫・鍋などの生活用品を、仮設住宅に使ってもらうべく、集荷場である近所の小学校に持ち込んできた。
みんながそんなアクションを経験したら、次に届けなければいけないのは「心」そのものなのかもしれない。

いち早く復興を祈る歌やメッセージを贈った多くのアーティストたち。
YouTubeに寄せられる海外からのPray For Japanの歌声。
生命維持に必要な物品が優先されるいま、まだその効果は目立っていないが、必ず「心」を伝えるため「音楽ができることは何か?」が問われることになるのだろう。
ほとんどのコンサートが中止を余儀なくされている中で、避難所になった講堂で小学生が弾くピアノに被災者が癒されているというニュースを見た。
音楽などの娯楽は人々の苦しみを一瞬でも忘れさせてくれる。
復興のパワーの源として、「心」を乗せた音楽を被災地に届けることを忘れてはならないと思う。

私の古いサンパウロの友人Osny Meloが、ブラジルの偉大なアーティストIvan Linsと作った「上を向いて歩こう」が、毎日何千とYouTubeで再生され人々に勇気を与えている。
私もこれを観て不覚にも溢れる涙をこらえられなかった。
下を向いてばかりいられない。
これを聴き、もしも心が少しでも動いたら、ぜひTwitterなどでこの優しい歌声が現地に届くよう紹介していただきたい。




イヴァン・リンス presents「上を向いて歩こう」!
posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 14:35| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

流行か?嗜好か?

編集前記 BY ワダマサシ



流行ってるから、聴きたくなるものなのか?
それとも、まだ誰も知らない自分好みを見つけ一人で聴いてほくそ笑むのが醍醐味なのか? 
音楽の聴き方楽しみ方は人それぞれだけど、マニアほど後者の色合いが強くなるようだ。
それは、グルメの人ほど隠れた珍味を探し求めるのに似ている。

私も若い頃、輸入盤専門店に足しげく通い、自分の好きそうなLP盤を探し棚の隅々まで漁り吟味して買い求めたっけ。
AOR、Soul、Jazz、Popsのカタログが充実していた原宿・竹下通りの“メロディ・ハウス”、青山・骨董通りの“パイド・パイパー・ハウス”。
この2軒が私のお気に入りだった。
そこで好みの音楽に出会うと、その情報をそっと友人に教え「エヘン」と胸を張り悦に入ったものだ。
後にそれがヒットしたりすると、関係者でもないのに妙に嬉しかったりした。
でも、日本中誰もが知るほどの大ヒットになってしまうと白けに近い気分で急に興味を失い、次のアーティストを探したくなるんだよな、これが。

そう、かつて音楽はレコード店頭や音楽専門誌の活字、AMラジオなどの小さな情報が積み重なり、それが口伝(くちづて)で広がりヒットとなる裾野発頂上行き(?)の商品だったのだ。
CDの時代になり、JPopが隆盛してきた後も、タワーレコードやHMV、ヴァージンメガストアが元気だった頃までは、私のような行動パターンの音楽マニアは結構多かったし、そんなユーザーが媒介となり生まれたヒットも珍しくなかった。

送り手側がTVスポットやCMタイアップを活用し情報を力でコントロールしようとする時代になり、ヒット作りの戦術は次第に地上戦から空爆的な一網打尽型に変わっていった。
これではまるで最初から答えのわかっているクイズのようなもの。
多くのメガヒットがこのやり方で生まれたが、結局それは文化には届かない「根の浅い」ものだったのだろう。
ネットインフラの進化の結果、作られた泡沫のような流行は実際のパッケージ購買にまったく結びつかないことがすでに明らかになってしまった。
そして今まさに、事実上「音楽はタダになるの?」という時代に差し掛かった。
メジャーな方法で露出すればするほど情報として陳腐化し、結果タダのままで終わることになるというジレンマに音楽業界は苦しんでいる。

かつての私の様に、裾野で地味に音楽収集活動をするようなマニアは絶滅してしまったのだろうか?
ガラガラの総合CDショップが多い中、そんなマニアに訴求しいまだに活気を保っているのが、ジャンルを絞り込んだ専門店。
ヒップ・ホップ、ヴィジュアル系ロック、裏アイドル、クラシック、ジャズ、などマスでは扱われないジャンルに特化したショップは、それなりの賑わいを見せている。
「自分だけの音」へのニーズはかろうじてまだ健在なのだろう。

タダで終わらせないために、これからのパッケージ音楽はやはり時代に媚びない「サブ・カルチャー」的な日陰のかっこよさを失ってはいけないのかもしれない。
ずっとメジャーで音楽の仕事をしてきた私は、感覚の軸足が保守的な方にずれてしまっているに違いない。
フォーム矯正のためにしばしば訪れるのが、高円寺の「ヴィレッジヴァンガード」。
VVのほかの店舗よりもディープな印象がするのは、土地柄だろうか。
このチェーンだけで知られざるベストセラーCDを数多く生んでいるのもむべなるかな。
ここを一回りするだけで、まるで友人に薦められたかのような店員の手書きのリコメンドPOPがテレビコマーシャルの何百倍も心に響くことを確認できる。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 13:14| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

サザエさん、すごい

編集前記 BY ワダマサシ



朝の通勤の道すがら、ご老人を満載したこんなバスをしばしば目にするようになったのはいつの頃からだろう。
この車は、デイサービスを受けるご老人たちを施設に送り迎えするための専用車両。
私の住む杉並あたりでは、この手のワンボックスカーが街角で何台もすれ違うさまを毎朝目撃したりする。
デイサービスってなんだ…って?
近隣の在宅のご老人たちを昼間の間一時預かりをする施設サービス、つまりお年寄りの託児所のようなもの。
身辺にご老人がいないと意外に気づかないかもしれないが、実はそんな施設が全国に2万箇所以上もあるという。
同居の義父が毎日通所しているし、自分自身もこの車に乗る日が接近してきている私にとっては、身近な存在なのだ。
それにくらべ、最近めっきり目撃回数が減ったのが、幼稚園の送迎バス。
気がつけば、ここ何年もこんなバスに乗った元気な子供たちを見かけていない気がする。
それもそのはず、幼稚園の数は現在激減中で、なんと老人施設の半数程度だという。
増え続ける老人数、減り続ける子供の数はこんな風に街角の景観までも変えてしまったようだ。
ご存知ないかもしれないが、老人介護サービスの施設には空きの目立つ小学校の校舎が転用されることが多い。
このままでは、老人施設の隅に小学校の教室が申し訳程度に併設されるようになる日も近いのだろう。

社会構造を底辺から支えるはずの子供の人口が増えないのでは、年金制度など絵に描いた餅。
若者たちに年金を納めるのは国民の務めだと諭すもの無理があるというものだ。
そんなネズミ講まがいの制度の手直しよりも、子供の数を増やすことのほうが重要なのは誰だって分かっているだろうに。
民主党がマニュフェストに高々と掲げた「子ども手当て」も、どうやら見直しか頓挫の気配。
子育ては支援したいが、増税で自分の財布の負担が増えるのは好ましくないというわけか。
制度を決定する方々もその重要な支持者もほぼ老人世代なのだから、そう考えるのもやむをえないのかもしれない。

それにしても、子づくりどころか結婚さえしない適齢期の若者たちの増加に、どうしたら歯止めがかかるのだろう?
結婚して子供を作ることになんらメリットを感じられないというのが彼らの実感なのだとしたら、もう政府に打つ手はないのかもしれない。
せめて、結婚して子供を育てているモデルとなりうる好感度の高い人物を積極的にマスコミでとりあげ、「あんなふうに生きたい」という風潮が生まれるようにプロモーションできればいいのだが。
残念ながら、パブリック・イメージとか個人情報やらプライバシーの問題やらのせいで、手本になりうる有名人たちも自らの家庭の細かい情報をほとんど表に出さないからなあ。
キムタクがパパだなんて誰も意識していないし。

こうなったら、視聴率No1番組「サザエさん」に、大家族や子育ての楽しさをどんどんアピールしてもらうしかないか。
まったくの余談だが、ググってみたらサザエさんの設定年齢はなんと24歳。
ショコタンや山田優と同じ歳にして、すでにタラちゃんという3歳児の母親なのだから、ヤンママの走り、ほぼ辻希美のような潔い人生の進め方だ。
ちなみに、だんなのマスオさんが28歳。パンツ一丁でお馴染みの小島よしおと同年齢。
比較すると、なんと落ち着きがあることか!
もっとびっくりなのが、いつも茶の間で和服を着ているハゲ頭の波平さんが54歳だってこと。
エドワード・ヴァン・ヘイレンと同じ年でこの貫禄はすごい!
波平さんの奥様フネさんはすでにおばあちゃんに見えるが、まだ熟女の入り口の52歳。
なんと、女優の原田美枝子と同じ歳。

若者たちが磯野家のみなさんを見習い、老け込むことを恐れずに早く結婚して子作りに励んでくれれば、再び日本に活気が訪れるのになあ…。

posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 12:02| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。