WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年02月04日

霜柱とホットパンツ

編集前記 BY ワダマサシ



「寒い、寒い」と思わず口に出したくなる季節ではあるが、なんだか昔ほど寒くないような気がしているのは私だけではあるまい。
東北など雪国からは今年も記録的な豪雪の被害のニュースが伝わってきており、そんなことはないぞと言下に否定されそうだが、あくまでも私の周囲という狭いエリアの長期定点観測的な感想としてご了解いただきたい。

物心ついた時から東京・杉並に住んでいるが、私の子供の頃の真冬と言えば、水溜りは凍り、地面には立派な霜柱が立っていた。
子供たちはそれを運動靴のかかとでパリンパリン、ザックザックと踏みしめながら登校したものだ。
うんと寒い日は、短いツララだって軒下に垂れていたし、悪ガキの鼻には青ッパナがぶら下がっていた。
善福寺池にはシベリアから白鳥が群れをなして訪れ、まるでバイカル湖の畔のようだった。
一冬に必ず4、5回は積もる雪もけっこう楽しみだったし、用水路には氷が分厚く張り、「のるな危険!」と厳重に張り紙がされていたものだ。
学童のほっぺは赤かったし、必需品だった手袋を外すとその手にはしもやけやアカギレができていた。(これはたぶんに栄養事情のせいもあろうが)
それがどうだ、最近街中では吐く息が白くなることさえ珍しくなってきている。
隙間風にさらされた寝室で、白い息におそれおののき布団からなかなか出ることができなかったあの寒さが、いまや懐かしいくらいだ。

逆に夏の暑さは年々激しくなり、赤道直下の亜熱帯地域並みの猛暑を体感するようになった。
地球温暖化の傾向を、ほんの数十年でこれほど顕著に確認してしまうとは。
このままだと、あと20年ほどで東京では分厚いコートや防寒具などいらなくなってしまうのかもしれない。
そんな変化を裏付ける平均気温変化のグラフが別表である。
見ると、上昇が一番激しいのが東京(赤い線)であることがわかる。
将来が不安になりもっと情報が欲しくなった方は、「気温変化」「地球温暖化」「環境破壊」「二酸化炭素濃度」「森林伐採」「海面上昇」「天変地異」「人類の未来」「世界滅亡」「日本沈没」「アルマゲドン」「デイ・アフター・トゥモロー」などのキーワードを好きなだけググっていただきたい。

冗談はさておき、春夏秋冬というわが国独特の微妙な季節感が今後どんどん変化し大味な気候に慣れていくと、日本人の細やかな情緒まで破壊されそうで心配になる。
2月というのに真夏のようなホットパンツで闊歩する若い女性などは、もうとっくに近未来の日本を見据えているのかもしれない。
でもこれは、歓迎すべき変化のほうに分類しておきますか。







posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 11:37| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

世界チャンピオン・日本代表!?

編集前記 BY ワダマサシ



今日は、他愛のないサッカーのこぼれ話だ。
アジア杯の優勝は、久々に日本中のサポーターの溜飲を下げる晴れやかな出来事だった。
個人的には、決勝よりも辛うじてPK勝ちした韓国との準決勝がやはり一番熱くなったかな。
お隣のライバル国との因縁の対戦は、それでもまだ71戦で12勝38敗21分(PK戦は引き分けにカウント)。
これから毎年2回対戦して全勝してもタイに追いつくには最低13年を要する。
現状の拮抗した実力を考慮すると、あと何十年かかることか…私の生きている間はとうてい無理そうだ。

でも見方をちょっと変えると、日本代表のサポーターがニンマリできる隠れた事実があるのでご紹介しておこう。
実は本日(2011年2月1日)現在サッカーの世界チャンピオンは、我が日本代表なのだ。
何をアホなこと言っている、世界チャンピオンはワールドカップ南アフリカ大会で優勝したスペインだろうって?
ちょっとお待ちなさい、今説明しますから。
日本が保持しているのは、もちろん非公式のタイトルではあるが、一部のサッカーファンの間ではけっこう知られている。
そのタイトルを認定しているのは英国のUFWC(The Unofficial Football World Championship)という組織。
その認定ルールというのはインチキでもなんでもなく、ある意味まったくもって非常にパーフェクトにスーパーに理にかなっている。

さて、歴史に残る最初の国同士の国際サッカー試合は、1872年11月30日にグラスゴーで行われたスコットランド対イングランドの試合(0−0引き分け)だった。
両チームは翌年の8月3日にロンドンで雌雄を決するため再戦する。
そこで勝利したイングランド(4−2)こそが初代の王者とUFWCは考えた。
そこをすべての起点とし、王者に勝利した国が次のUFWC王者を次々に世襲していくと規定したのだ。
言わば、笑っていいともの友達の輪とか(違うか…)ボクシングの世界タイトルマッチ的な考え方ね。
UFWCは、どんな試合だろうが(ワールドカップもコパアメリカもヨーロッパカップもアジアカップもフレンドリーマッチも)ただの1国際試合とみなす。
そしてほぼ140年をかけ世界を変遷してきたチャンピオンベルトの現在の保持国が、巡り巡って日本と言うわけだ。
そんなの嘘だろうって?

よもや、お忘れではあるまいな?
去年の8月10日、埼玉で我が日本代表が強国アルゼンチンと戦ったことを。
なんとアルゼンチンはその一月前にスペインを4−1で撃破してあの時UFWC王者になっていたのですよ。
破れたスペインはW杯を獲得したからUFWC王者だったのではない。
その前に長らくUFWC王者だったオランダを、たまたまW杯の決勝の舞台で負かしただけのこと。
日本は、あろうことかそのスペインに勝ったアルゼンチンを1−0で破り新世界チャンピオンになっていたわけだ。
以来、昨年10月10日対韓国テストマッチ(0−0引き分け防衛)、アジア杯ヨルダン戦(1−1引き分け防衛)、シリア戦(2−1防衛)、サウジアラビア戦(5−0防衛)、カタール戦(3−2防衛)、準決勝韓国戦(2−2PK勝ち防衛)、決勝オーストラリア戦(1−0堂々防衛)とタイトルを守り続けている。
アジア杯初戦のロスタイムで吉田のゴールがなければ、ヨルダンが世界チャンピオンを襲名するところだったわけだ。
あな、恐ろしや。

そして、永遠のライバル韓国はUFWC王者になったことがあるのか?
答えはイエス。
1995年1月31日に香港で当時の王者コロンビアに勝ち一瞬だけ世界のトップに立ったことがある。
しかし、すぐその4日後にユーゴスラビアに負けて王座から陥落している。
つまりことUFWCタイトルに関して言うと、8試合王座にいる現チャンピオンの日本に圧倒的に分があるわけだ。(エヘン!)

でも、日本が勝利した今回のアジア杯で、個人的に残念だった出来事が二つだけある。
キ・ソンヨンの猿真似パフォーマンスなんかじゃないよ。
ひとつは、日本のエース・香川の骨折長期離脱。
そしてもうひとつは、大好きなアジアの至宝・パク・チソンの代表引退だ。
後輩に道を譲ると語る彼のナショナルチームでの勇姿が見られないのは、本当に残念だと思う。
ずっとライバル韓国の柱として君臨してほしかったなあ…。



NEWS!!
日本代表サイドバック長友佑都、
チェゼーナから世界クラブチーム王者インテルに電撃移籍決定!
背番号は55!


posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 12:25| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。