WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2011年01月05日

さらばジャッキー

編集前記 BY ワダマサシ



年老いた愛犬が、この元旦に遂に息を引き取った。
長きに渡り寝起きをともにしてきた伴侶だったので、覚悟を決めていたとは言え、さすがの私も新年のご挨拶をする気にもならず、また話題としても正月にふさわしくなかったので、今年最初の更新が遅くなってしまった。

17歳と10ヶ月。
杉並の獣医師会から表彰されるほどの長寿、しかも老衰による死だったのだからそう悲観するものではないが、心にポカっと開いた穴をまだ埋められずにいる。
一人になってしまった寝室で、彼の寝息を求め耳をそばだてる明け方が特につらい。
元旦が命日となったので、これから私は暦を見るたびに彼を失ってからの時間経過を追認することになるのだろう。

以前、あまりにも早く逝ってしまった愛犬の運命を嘆いていたペットロスの友人を慰めたことがある。
その時の私の言い分はこうだった。
犬には死が何かという知識がない。
したがって、彼らは死を恐れることもない。
死の意味を知ってしまったのは、唯一人間だけ。
だから寿命を意識するようになり、死に向かって生きると言う「ケツカッチン」の気持ちから長短を含む「時」の概念が生まれたに違いない。
逆に、犬など人間以外の動物は、起床→朝食→散歩→昼寝→夕食→就寝→起床のように時間経過をループとして捉えている。
「今」という瞬間が無限に繰り返されるのが、犬の時間把握なのだと思う。
だから飼い主と共に過ごした時がつかの間と言えど、長短を知らぬ犬にとっては「永遠とイコール」だったのだろう。
亡くなった愛犬は、次に起床することを100%信じ永遠の眠りについたのだから、そう悲しみなさんな。
友人は、強引な拙論に首をかしげながらも納得していたっけ。

考えてみれば、すべからく「宗教」ってものは、次に目覚める瞬間つまり来世を信じ、死を恐れぬようになるための訓練と言い換えられると思う。
淡々と日々を重ねる動物たちのほうが、よっぽどそれを体得しているかのようではないか。
まあ、今日と同じ日が永遠に続くと全人類が盲信してしまったら、世の進歩はあっと言う間に滞ってしまうだろうが。
「一年の計は元旦にあり」などと年初に「ケツカッチン」論を掲げるあたりが関の山、それが人間の素晴らしさでもありケツの穴の小さいところなのだと思う。

宗教家とは正反対の俗物の私としては、愛犬の残した美しい思い出と、彼に対し至らなかった自分の悔恨の思いを胸に、遺影に「ありがとう」「ごめんなさい」「いつかまた会おう」、「でもその前に、今年こそやったるで」とつぶやく日々を過ごしている。



posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 11:20| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。