WHAT'S NEW? 3/22


NEWS!!
エンジェル・ハンズ
遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!!




■ENTRANCE■

編集前記エッセイ更新しました。(4/15) 

■STAGE1■


海洋冒険小説
Missing 3 〜中年南海漂流記〜」
遂に帰還なる!!

不定期連載
第26話“帰還”更新!!(6/14)

短編・掌編小説バックナンバーも多数!!
  ↓  ↓
「MELODY CALLING」 by 田村充義「1000億光年の彼方」by奥山六九 「友人28号」 by 逢谷人「最後の22分」 byワダマサシ「過去との遭遇」by逢谷人 「ナオミの夢」by逢谷人 「学校教育」 by奥山六九「ルームメイト」 by角森隆浩「潮騒のカセット(洋楽編)」 「潮騒のカセット(邦楽編)」 by 逢谷 人「赤いスイートピー」by 逢谷 人

■STAGE2■

田村充義氏の新作、
「聞き録り屋と買い取り屋」完結!

平凡この上ない僕が始めたアルバイトとは…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ショートストーリー・連載小説バックナンバー多数!!

YUMIKOUUMINAOKIMICHIRUby 杉林恭雄

走る女ゾロ目の法則 宇宙の3犬人
女子アナオールスター  ゲンジツトウヒローのダックウォーク
30年目のガールズトーク
 by 田村充義



■EXTRA STAGE■

「THE LOOONIES' ADVENTURE」


THE LOOONIES


青丸をクリックすると物語のトップにジャンプ!
まだお読みでない方は、さっそくどうぞ!

ルーニーズの冒険
全編完結…。

壮大な旅の驚くべき結末とは?!

ストーリーを締めくくる 「エピローグ」
お見逃しなく!!


◆NEWS!!◆
11/11,12にシンガポールで開催された
「ANIME FESTIVAL ASIA 2011」
経産省のCOOL JAPAN BOOTHに
THE LOOONIESが出展されました!!






知られざる名曲誕生秘話
井上陽水 『少年時代』完結。




遂に待望の電子書籍化、
絶賛発売中!


EPISODE1 「エンジェル・ハンズ」

〜誰しも心の中に鬼がいる。ある人は鬼と闘い、他の人は鬼に愛を感じる〜
恵比寿五差路に近い一軒のロックバー。
店の“テンシュ”と常連客には、共通の不幸な過去が生んだ秘密の固い絆があった。
彼らが命を懸けて立ち向かう“鬼”とは?

EPISODE2 「ファイアー・ウォール」

〜悲劇の始まりは、1999年の大晦日だった〜
恋人と肉親を一度に殺められた少年は、
やがて仲間と出会い、理不尽な犯罪と闘う“防火壁”となることを誓う。
不完全な法律が、その許されざる犯人を野に放った時…。

EPISODE3 「タイム・キラー」

〜私は“愛”のために“時”を殺した〜
1980年に起きた少年誘拐事件。身代金を運んだ父親は、二度と戻ってはこなかった。
時効成立直後、発見された三つの遺体。
昭和と平成、二つの時代の運命が再び交差したとき
そこに見えた驚くべき真実とは?

SpinOutCut 「ディープ・フォール・ブルー」

〜誰かを想う気持ちは、晩秋になりやっと熟成する〜
Barエンジェル・ハンズを舞台に起こった小さな恋のエピソード。
それは、ほろ苦いカクテルの味がした。
シリーズ初のスピンアウトストーリーをお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◆このブログが気に入ったら、つぶやいてください。

2010年12月09日

苦手な身辺整理

編集前記 BY ワダマサシ



久しぶりの編集前記更新だ。
自分の関係するアーティスト達には、ブログやツイッターをやるからにはマメに更新しなきゃダメだぞと偉そうに注意しながら、自分は別に人気商売ではないので無理する必要もあるまいと甘えた結果、ズルズルと間を空けることになってしまった。
大変申し訳ありませんでした。深く反省しております。(一応、歌舞伎役者のように謝罪させていただきます)

サボっている間、何に心と身体を奪われていたのかと言うと、仕事ではなく、なんと「身辺整理」だ。
別にどこかにオサラバするためという訳ではないが、私の周辺の諸事情を鑑みて、このあたりでタラバガニが脱皮するように身から出た錆を一旦整理する必要を感じたのだ。
「シンプルに生きる」が、私の目指したい次のスタイル。
そもそも、気がつくといつもグチャグチャにこんがらがった状況の只中にいる私にとって、それと正反対の単純ですっきりした生活は昔から憧れの対象だ。

そんな訳で、家内にハッパをかけられながら、まずは家中に累積したおびただしい量のガラクタの整理を開始した。
なんだ早めに暮れの大掃除を始めただけかよ、と早合点せずに聞いてほしい。
物を捨てず何でも大切にとっておくことを美徳としていた亡き母の影響か、私は物を捨てるのが人並み外れて苦手なのだ。
母の場合は物のない時代の「もったいない精神」からだったが、私の場合はずっと始末が悪い。
面倒くさいので、捨てるか保存するかの判断をどんどん先送りした結果、どれが大切なものなのか見極める能力まで失われてしまったという感じ。
自分でもホトホト嫌気がさす。

天井裏や開かずの納戸をひっくり返してみると、出るわ出るわ。
買い替えにより不要になったビデオやPCはおろか、通販や景品などで手に入れた未使用のラジオ・時計・ミキサーなどの電気製品や、引き出物で頂戴したと思われるグラス・皿などの食器類。
美術品とは到底言いがたいレベルの西洋絵画や陶器類や日本人形。
母が大量に買いだめた未使用の衣類の山。
果ては、お歳暮にいただいた粕漬けが入っていた木樽や、横川の釜飯弁当の容器まで。
母から二代に渡って累積した物たちは、日の目を見ることなくそこにじっとたたずんでいたのだろう。
使っていなかったのだから、必要がないと結論づけていいのだが、廃品にするには忍びない物を前に途方に暮れていると、家内が名案をひねり出した。
「粗大ごみで出すのはバチあたりだし不経済だわ。家の前に置いて“ご自由にお持ちください”と貼り紙しておけば」
「どなたかが使って下さるなら、ありがたいかぎりだ」なるほど!と手を打った私は、無精者に幽閉されていた物たちを玄関から運び出しきれいに陳列した。

ミニ蚤の市会場と化したカーポートの様子を、窓の隙間から覗いてみると、いつの間にか一度しか使っていないテントセットがまずなくなっていた。
「おおい!どなたかが、テントを持って行ってくれたぞ」家内に報告した私は、まるで古物商のオヤジにでもなったつもりで、次々に品出しに精を出していった。
もちろん御代はいただかないが、それでも次の持ち主を決められたという達成感は気持ちのいいものだった。

しばらくして皿類の補充をしている時に、誰も持ち帰らない絵皿(上の写真参照)が妙に気になった。
これはたしかディズニーランドの完成記念に、当時事業立ち上げに関係していた亡き父がもらったものだろう…。
差し上げると決めたものの、そのいわれを確かめるために、皿を放置したまま部屋に戻った私は、未練がましくネットでその価値を調べることにした。
「ディズニーの完成記念絵皿…と」
すぐに、その結果が画面に表示された。
ほかの美しいディズニーの皿がせいぜい3000円程度なのに、表に放置した絵皿の値段だけがなんと95,000円也!!
「た、た、た、大変だ!!」
ズデデデデっと階段を駆け下り表に飛び出した私がその皿を大事に抱きしめ再び家に持ち帰ったのは言うまでもない。
それ以来、私はまた物が捨てづらくなくなってしまったのだ。
すっかり整理がつくまで、あとどれほど時間がかかることか…。


ちなみに5周年記念の絵皿も出てきたりして。
これらの皿に興味がある方は、御一報ください。
日ごろのご愛読に感謝し、市場価格の半額以下でお譲りいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■お問い合わせ■
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

info@think-link.net










posted by 「HEART×BEAT」事務局 at 11:50| Comment(0) | 編集前記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。